Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
たとえばこんな風に授業をしています♪

こんにちは。

塾のいらない賢い子どもを育てる進学塾レサンス代表の古瀬道江です。
(プロフィールはこちら

 

アメブロを更新しました。

ぜひそちらをご覧くださいませ。

JUGEMテーマ:子育て情報

https://ameblo.jp/lessencefuruse/entry-12565082050.html

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 22:34 | comments(0) | - |-
勉強することは、人に優しくできる力が増えること。

JUGEMテーマ:子育て情報


こんにちは。

塾のいらない賢い子どもを育てる進学塾レサンス代表の古瀬道江です。
(プロフィールはこちら

レサンスは明日まで年内の「冬の講座」やっております。
書きたいことがいっぱいありますが、
ふと、今!今コレを伝えたいなぁ、ということが舞い降りてきたので、それを書きます。

「勉強することは、人に優しくできる力が増えること。」

 


なんのために勉強するのでしょうか?

お子さんに、そのことを、どんな風に伝えているでしょうか?

 

将来のため、というだけでは、自分の視点しかありません。

義務感だけでは、楽しくありません。

 

できることが増えれば、楽しいし、

だれかの役に立つこともどんどん広がります。

 

 

私はいつも、

このように思って、子どもたちと接しています。

 

大人の勉強って、そのことが実感しやすい。

仕事の資格勉強もそうですし、

お父さん、お母さんがアドラー心理学の講座に来てくださることは、そのまま即、周りの人の幸せにつながっていきます。

 

でもね。

べつに、“この言葉そのもの”を伝えなくてもいいと思うんです。

 

ただ、

いっぱいわかって嬉しいねー、

学ぶことって楽しいねー、

とか、

誰かの役に立てて嬉しいねー、

 

と、

学ぶことって、

人の役に立つことって、

ワクワク、ニコニコすることなんだー

 

そういう風に私は考えてるんだー、

ということが伝わればいいなと思っています。

 

生徒さんに、

「だから私いっつも楽しそうでしょ??」

ときくと、

ウンウン、と深くうなずかれるのは、

コレが秘訣だと思っていますニコニコ

 

※2019年11月下旬よりアメブロでも記事更新中です♪

https://ameblo.jp/lessencefuruse/entry-12562786701.html

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 10:46 | comments(0) | - |-
工事続報

JUGEMテーマ:日記・一般

 

無事に工事が済み、とってもいい感じになり、

予想以上に生徒さんたちからも好評です♪

詳しくはアメブロをごらんくださいませ♪

 

 

https://ameblo.jp/lessencefuruse/entry-12560941911.html

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
災い転じて福となしている最中

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは!
塾のいらない子どもを育てる進学塾レサンス代表の古瀬道江です。

(2019年11月下旬よりアメブロでも記事を更新中)



https://ameblo.jp/lessencefuruse/entry-12560339914.html

実は数ヶ月前に上階のマンションで漏水があり、
なかなか大変でした。

(とはいえ、起きた場所も不幸中の幸いで、

生徒さんには影響がない場所!!!)


それが、
ようやく、
ようやく、ようやく、

ようやーーーく、
工事をしていただけることになり、
現在真っ最中です!

 

 

 

 

予定外の工事ですから、

日程も正直ベストとは言えません。

でも、

なんとか、

授業に影響がでないように、

現場の職人さんたちは頑張ってくださっています!!(家具移動も……)

 

 

(動画貼れなかった……アメブロにはあります)

 

工事が避けられないならば、

ついでに1面はアクセントクロスにしたり、

要らないものは処分したり、

気持ちよく新年を迎えるきっかけとして、

大いに利用させていただきます。

(レイアウトも少ーし変えます♪)

 

 

素晴しい職人さんのお陰で、

きっとこのあと間に合うと思うのですが、

 

 

13:25現在、

荷物もこんな感じです。

 

現場からは以上です!!





 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アメブロを始めました

 

こんにちは!

実は、少し前から、アメブロを開設しております(こちら)。

 

 

このJUGEMブログを始めたのは、2008年。

どちらかというと、「人の逆を行きたい」私(笑)は、

あえて人数の多いアメブロは避けておりました。

 

このブログをきっかけに入塾された方も多く、

本当に有難いことでした。

 

が、

このところ、正直、使いにくさを感じることが増えてきました。

 

もちろん無料で使わせていただいているので文句は言えませんが、

ネットの世界が急速に変わりつつあるのに、

運営さんがそれに対応していこうという熱量を以前ほど感じないため、

有料化するのもちょっとためらう…、という感じです。

 

そこで、

とりあえずアメブロも開設いたしました。

何事も経験!!迷ったらやる!!派なので。

 

どちらも無料なので、消えるリスクを考えて、完全移転はせず、

こちらもおいておくつもりです。

(アメブロには少しずつ過去記事を貼る予定)

 

お気に入りに入れていただいている方は、

今後は、新しいブログ(→こちら)をブックマークいただけると嬉しいです♪

 

今後ともレサンスをよろしくお願いいたします。

 

 

            塾のいらない子どもを育てるスーパー寺子屋 進学塾レサンス代表

            アドラー心理学SMILEリーダー・ELMリーダー

                    古瀬   道江

posted by: L'essence | お知らせ | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
リラックスさせるつもりで子どもに「アナタはダメな子」宣告しちゃっていませんか?

JUGEMテーマ:子育て情報

 

 

こんにちは!

塾のいらない子どもを育てる進学塾レサンス代表の古瀬道江です。

(プロフィールはこちら

 

あっと言う間に12月ですね。

先月は、保護者の皆様に面談においでいただき、ありがとうございました。

色々と聴かせていただき、楽しかったです。

 

さて。

今日は、

標記のことについて。

ドキッとするタイトルで申し訳ないです。

思い当たるフシはありますか???

え、ピンと来ない??

 

では、サンプル行きます♪

 

・そんなさ、東大行けって言ってるわけじゃないやん、自分なりに頑張ればいいやん

・別にさ、一番じゃなくてもいいやん

・あの別格の人と互角に競えただけでもすごいことやん

・勉強が好きでやっている人なんていないんだから

・そんな必死にやらなくても

 

どうですか?

きっと、これをいう親御さんの気持ちは、

 

・自分のペースでやればいいんだよ、ゆっくりね。あせらなくていいよ。

・誰かに勝った負けたで自分の価値を決めないで

・勉強ができなくてもあなたのことを大切に思う気持ちは変わらないに決まってる!

・勉強ってつらいよね、わかるわーーー

・そんなつらいことしなくても・・・・・

 

などなど、お子さんへの愛と優しさにあふれているんですよね。

それはもうよーーくわかっております。

 

では、

それがなぜ、お子さんの勇気をくじく「アナタはダメな子」宣告になるのか?

 

・私が東大に入れないと最初から決めつけてる

・一番になれないと思ってる

・やっぱりあの別格な子は別格なんだ、そのゾーンには決して行けないと思ってるんだ

・僕は悔しいんだけど、やれると思ってるんだけど

・勉強面白く感じてるんだけど、それってオカシナことなの?

・別につらくないし!

・燃えてるんだけど、

好きなこと一生懸命やればいい、っていつもいうクセに、勉強に必死になったらダメなの?

 

と、

聴こえていることがあります。

どうでしょうか?

 

それを防ぐキーワードは、”共感”です♪

アドラー心理学の重要語である”共感”とは、

徹底的に、相手の目で見て、相手の耳で聴き、相手の心で感じること

 

そうすれば、

たとえば、

僅差で負けて悔しがっている子どもに”今までで一番いい成績だから喜んだらいいやん”などと、

子どもにとっては?????(怒)な反応をすることもなくなります。

勉強はしんどいよねーー、

というのも、

子どもがそう感じているタイミングでなければ、親の価値観の押しつけです。

 

でも、

難しく身構える必要はなくって、

あなたはそう思うんだね、そんな気持ちなんだね、

と、素直に接するだけでいいのです。

 

そして、

子どもの可能性を信じること。

子どもには無限の可能性があります。

なによりも、

子どもが、自分には可能性があると信じることができるような、

そんな声かけをしていきたいですね。

 

 

そんなわけで、

お問い合わせのお電話で、「ウチの子頭が悪くて……」とおっしゃった保護者の方にも、

お会いしてもいないのに、

「そんなん言わんといたげてください!!」と言ってしまう古瀬です。

犧、現状ではいい成績ではない”だけなのです。

 

どんな子にも無限の可能性はありますし、

大人にもいっぱい可能性は眠っています。

そのサンプルをいっぱい知っていて、身をもって実感しているからこそ、

そう言い切ることができるのです。

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
願って口にしたらあっという間に実現した話〜現実にブログが追い付かない!!〜

JUGEMテーマ:心理学

JUGEMテーマ:セミナー情報
 

 

怒涛の嬉しい日々です!!!

9月ぐらいから、あれやこれや嬉しいことが続きすぎて、

書きたいことがたまっています!

時系列がめちゃくちゃにはなりますが、

告知を急がなければなりませんので、本日は標記の話題をば取り急ぎ!!

 

 

いつも私がアドラー心理学の勉強をしにいくのは、主に東京のヒューマンギルドです。

10月下旬、そこでとある講座が開催されました。

なかなかまとまって勉強する機会のない内容で、とっても行きたかったのですが、

いいろいろありまして、結局東京に行くのをやめました。


 

 

で、facebookの投稿で、ヒューマンギルド代表の岩井俊憲先生をタグ付けして、
 

 岩井先生ーーーーー関西でも開催してくださーい!!

       &
    賛同者募集!!!

と、やったところ、
あれよあれよと盛り上がり、

気がついたら1月、京都で開催していただけることになりました!!
決定するまで、わずか2週間ほど??
しかもこんなに早く、今年度中に実現するなんて!


私の狙いどおり、いや、狙い以上のスピードで願いが叶ったことに、震えております。

ありがとうございます!!

 

(今年の1月撮影)

 

 



さて、このことに関して私が言いたいことは3つあります。

1つ目は、

思い切ってお願いを口にしたら、

すごいスピードで現実は動き出す、
周りも応援してくれる、

だからやっぱり、どんどん口にしたり行動したりしていこう!!


ということ。
超多忙にもかかわらず、
私の願いにすぐさま答えてくださった岩井俊憲先生(日本でアドラー心理学を一番広めている、すごい先生です)に、
心から感謝申し上げます。
私のつぶやきに賛同してくださった仲間のみなさんにも厚くお礼申し上げます。
そして、
今回にかぎって、なぜだか東京行きを強硬に反対した息子にも感謝です。
いつも協力&応援してくれている息子ですが、今後も行っていいけど今回だけは絶対行ったらアカンと主張したのです。


あんまり強く反対するのが不思議だったのですが、
これはこうやって、関西で開催させて、関西・中部エリアの仲間に喜んでもらうため!だったのね♪
息子ってばすごい!!(親バカ)

2つ目は、


こんなふうに周りの人に恵まれて、
すっごく幸せな人生を送っている私。
そして、レサンスの雰囲気も、今すごくいいんです。
そんなハッピーの連鎖、ここちよい幸せ空間であるレサンスに、
どうぞみなさん来てください♪
幸せオーラって、伝染しますしね。


ということ。

今、レサンスで学んでいる大人子どもも、
ぐぐぐっと変化・成長して、
人の可能性って本当に無限なんだなぁ、と教えてくれる出来事が、
次々と起きています。
同じ学ぶなら、
とっても強運のワタクシとともに、レサンスのようなハッピー空間で!

と、改めてお伝えしたい(小学生ならまだ受け入れ可能です♪大人のセミナーももちろんまたやるべく企画中!)。


そして最後、3つ目。


この、私が受講を望み、実現した講座、
アドラー派による「夢のワーク」(注;睡眠時に見るほうの夢)
どなたでも参加できますので、関心のある方は、一緒に学びませんか?

ということ。日時など詳細は上のリンク先をご覧ください。

さて。
ここで少しアドラー心理学の”夢”についてご説明しますね。
アドラー心理学では、
夢は、その人の今起こっている悩みとか課題に立ち向かうためのヒントが隠れていると考えます。
ズバリ、
現実の問題解決のリハーサル
と、言われています。
また、夢に出てくる人物などは、現実のメタファーである、と。

メタファーといっても、アドラー心理学では、
他の心理学にみられるような、○○といえば△△、と決まったもの、一般化されたものではなく、
夢見る人自身に固有のものです。
(例;夢に出てきた駅員さんは、
ひょっとしたら自分の父親のメタファーかもしれないし、
上司のメタファーかもしれないし、
あるいは男性一般のメタファーかもしれないし、
はたまた全然違うもののメタファーかもしれない)


そして、
その夢の中に、その人自身の持っている強み・リソースといったものを見出すことができる!と考えます。

つまり、
未来志向で課題に立ち向かっていく、前に進むための学問であるアドラー心理学における”夢”について学べば、
あなたも、

現実に起こっていることに立ち向かうために必要な、勇気とか方法とか自分の強みといったものを、
夢の中から見出すヒントを得られることと思います!


多くの方の参加をお待ちしています。
※ただし、現在大勢の方のお申し込みがあるようで、残席が少なくなってきているとのこと。
お申し込みは、お急ぎくださいませ!!

 

​※ 以下岩井先生の著書のうち、赤い本は私のお気に入りのうちの1冊、

  もう1冊は、タイトル的になかなか手にとりにくいかもしれませんが、それで敬遠するのはあまりにもったいない、

  必要な方にはきっと心に響くであろう、そんな1冊です。

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
高校生(卒業生)のお話を聴こう!の会開催しました

JUGEMテーマ:高校受験

 

 

今週の月曜日、

恒例行事となっている「高校生のお話を聴こう!の会」を催しました(中2・中3対象)。

忙しい高校生にスケジュールを調整いただいて、

例年より遅めの時期になりましたが、

4人の高1、高2の方にお越しいただきました。

ありがとうございました。

(スケジュールが合わなくて電話取材のみ受けてくださった方も!ご協力感謝です)

 

会場の都合もあり、

こ今年おいでいただいたのは、

 

豊中高校       2年生 女子さん

桃山学院高校 1年生 女子さん

千里高校       1年生 男子さん

   同           男子さん

 

有難いことに、もう恒例行事として浸透している感じがします。

終了後、

高3は受験で忙しいから1年、2年だけが呼ばれるんだよね〜、来年はヨロシク!と引き継ぐ高校生たち、

出番前に、

「千里の総合科学科はここで白衣を見せることになってるんだった!!のに忘れた!!!Σ(゚Д゚)」と慌てる同校生たち(←別に頼んでいるわけではない)。

 

 

何よりも、

前で堂々とよどみなく語ってくれる高校生たちの姿。

なんと立派になって。。。。。。

と、ぐっと成長した姿に胸が熱くなる私。

 

何の打ち合わせも、コレを言えとリクエストしたわけでもないけれど、今年も嬉しい話がいっぱいでした。

 

以下に一部を抜粋してお届けします。

 

 

とりあえず、レサンスで言われたことは高校でめっちゃ言われるから!(周りの人たちもウンウンと頷く)

 勉強のしかたとか、学習記録のこととか、時間の使い方とか。

 

・(高校の先生がどの先生も教え方がとても上手で面白い、という話の後で)

 英語の南先生と、授業も雰囲気も言ってる内容もめっちゃ似ている先生がいる。

 言われていたことの重要性がよくわかる。

 

・レサンスの英語のテキスト○○、高2まで使える、と言われていたけど本当にすごく役に立っている、

 だからあれを中学のうちにしっかり頑張って!!

 

・数学の○○をやりこめば数学で困ることはない。

 数学の南先生のあの○○がものすごく役に立った。

 あれを実行するのは力がつくし、その考え方が今に応用できる。

 

・古瀬先生の古典がめっちゃわかりやすくて面白くてレベルが高かった。

 高校生の今も、ものすごく使えるから、この貴重な授業内容をしっかりマスターして!!ほんとよかった!!

 

小学校からレサンスに来ていたから、その蓄積があって、勉強も習慣づいていたし、

 受験勉強と意気込むことも、勉強が苦痛になることもなく受験生活を送った

 

 

などなど。(塾生の皆様にはこれ以外のお話も含め、より詳しくお届けします!)

 

 

口をそろえてレサンスを絶賛してくれました。嬉しいなぁー。

 

彼らの言葉からわかるように、

レサンスでは、

こんな風に

先を見越して、妥協せずにいろいろなことを話します。

だから、

中学生のときは、

なぜそんなことを言うのか、ピンと来なかったり、半信半疑だったこともきっとあったと思います。

 

(毎年そうなのですが、この会でレサンスを熱く語ってくれる人のなかには、

 当時そこまで熱く思ってくれている風には見えなかった人も多いのです)

 

でも、高校生になって、

尊敬する学校の先生からも同じことを言われたり、

自分が成長したりして、

その重要性を実感するようになったのです。

 

毎年のことではありますが、

みんなが口をそろえてそう言ってくれて、

妥協せずに、迎合せずにやってよかった、としみじみしました。

 

私たちが大切だと信じることは、

今(小学生や中学生の時点)はわからなくても、

わかるのが5年後、10年後だとしても、

心をこめて伝えていきたいと思います。

 

 

正直に言うと、

わかっていただけないまま、レサンスを去っていく方も、

いないわけではありません。

 

 

ぐっと成長した彼らの姿が、

我々が信じた道がこれでよかったのだ、と勇気をくれます。

来てくれてありがとう。

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
想像力と創造力のために知識をつける

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

まずは、このたびの台風により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 

10月12日土曜日、

大阪にあるレサンスでは、

18時の段階ではまだ警報が出ていたため、結局中学生の授業も休講となりました。

18時を過ぎて、気象庁の最新情報を慎重によーく確認してから

保護者のみなさまにメールを送信、

メアド未登録の方や、今回初回受講だった方にフォローのお電話をするなどバタバタしながら

ようやく皆さんに休講のお知らせがいきわたった、まさにそのタイミングで、

なんと警報解除!!!

というドタバタがありました、

という笑い話で済みました。

 

 

ところで。

私がアドラー心理学の勉強に行く、といえば、そのほぼ9割が東京の神楽坂です。

雰囲気のある坂道をてくてくと歩いて下っていくと、ちょうど下りきったところにあるのが一駅隣の飯田橋です。

だいたいその飯田橋あたりのホテルに泊まることが多いです。

 

飯田橋は、その名の通り、川沿いにカフェ(その名もカナルカフェ)があるようなところで、

研修の後は、神楽坂の安い居酒屋での「夜の部」研修にも抜群の出席率で参加して、

坂道を歩いて下り、橋を渡ってその川(外堀)の風景を眺めながら、ホテルに帰る、というような夜を過ごしております。

 

毎回、前泊も後泊も全くしない、ほぼすべてが研修(と飲み)で埋め尽くされた真面目〜な行程ですが、

JRで飯田橋に向かったり、勉強の合間に近辺をちょっとウロウロしたり、東京の友人にランチに連れてもらったり、

引越しした教え子ちゃんファミリーとご飯を食べたり、

 

ということが積み重なるにつれ、

お茶の水〜高田馬場あたりの神田川の風景も、

私にとっては思い出の、なじみあるものとなってきました。

 

そう。

あの日。

 

東京での学びでご縁のできた、

たくさんの、関東や東北の方々のことだけでなく、

 

坂の下、谷底にある飯田橋、

住宅のすぐそばを流れる神田川、

地下ふかーーくふかーーくにある地下鉄大江戸線などなどがリアルに思いうかび、

心配と祈りは一層具体的なものになりました。

 

幸い、東京都心部の被害は、当初の警告に比して軽いもので済んだようです。

(カナルカフェも川床部分が水没。翌日には営業再開していたそうです←ツイッター情報)

 

さて、私はなぜこんな話をしたのでしょうか。

 

・地形を知っている場所であるからこそ危険がリアルに想像できた

・あれだけ水位上昇しながら氾濫しなかったことで、いかにものすごい犲水”がなされているかを実感でき、

 心から驚嘆した

・それには、いわゆる”地下神殿”の存在を知っていたことも関係する

 

もちろん、こんなの知っているウチに入るか!!というレベルですが。

生まれも育ちも関西の私にとっては、東京の災害をこんなに具体的にイメージしたのは初めてのこと。

 

たとえば、

よくある子どもの、

 

・なんかどっか東京のほうに台風くるんでしょー

・警報出た!休みイエーイ!!

・え、なんか言ってたわりにたいしたことなかったやん

 

という発言とは、心の動きが全然違う、ということをお伝えしたかったわけです。

 

 

停電するとどういうことが起こるか

下水があふれるとどういうことになるのか

浸水して、そして水がひいたあとの町はどうなっているのか

臭いはどうなのか

「たいしたことなかった」ように見える、その陰で、どんなコントロールが行われていたのか

映像としてインパクトがない=「たいしたことでない」ではなく、被害を受けたところは、軽微に見えてもやっぱりものすごく大変だということ

などなど

 

それらを想像できるかどうかは、

やはり知識〜経験から獲得する知識も含めて〜です。

もちろん、知るべき知識は膨大で、どこまで求めてもキリがないですし、

知識だけでももちろん足りません。

 

 

だから、

私たちは、

自分の世界を拡張し、いろいろな視点で物事を見ることができるように、

そして、

他人を〜距離的に遠い人、過去や未来といった時間的に遠い人も含めて〜思いやることができるように、

他人事ではなく、自分ごととして考えることができるように、

ずうっと勉強しなくてはいけないと思うのです。

 

治水や環境のことも、

目先のことだけでなく、いかに長期(百年単位で!)、地球規模で考えていかなければならないか。

 

子どもたちが、そのような「共同体感覚」(※アドラー心理学用語です。説明はまた次の機会に)を養っていけるような、

そんな勉強ができるように、応援したいといつも思っています。

 

 

 

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
本日の対応  ※昨日保護者の皆様にメールした内容です

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

いつもお世話になっております。
台風接近のため、明日の対応を以下のとおりといたします。
1.警報の有無にかかわらず、18時まで閉館
  小学生の授業は休講
2.夜の中学生学習会は、「18時に実施か否か決定」

安全第一で対応を決定していきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、ご質問などあれば、古瀬はZOOMでのご指導は可能です。自宅で安全を確保したうえで、しっかり学習してください。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

少しでも被害が少なくすみますように。

posted by: L'essence | お知らせ | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-