Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
私が生徒さんにする話 その2  〜詩が生まれるとき〜

「その2」にしてタイトルから"必ず”が消えてしまいましたが。

 

言葉を大切に、と思うと、絶対に紹介したい詩があるのですけれど、

紹介するからには、子どもたちに、

「おお!」と思ってほしいのです。

ですから、●年生のこの時期に、と決めているのではなく、

いろいろな話をするなかで、

今!今だ!!この瞬間なら、この子たちがヴィヴィッドに反応してくれる!!という瞬間に紹介しているので、

ひょっとしたら、この詩ではなく、別の形で学んだ学年もいるかもしれませんので……。

 

 

ともあれ、

藤井貞和さんの詩のなんと素晴らしいこと。

そして、吉野弘さんの解説も、一切の無駄がなくて、しなやかな強さを秘めた美しさ。

 

塾講師として、子どもの心にかかわるものとして、また、カウンセラーとして、そして、

人とかかわる「人間」という存在として、

絶対に忘れてはいけない言葉の大切さ。

それを、これほど端的にあらわしてくれる詩と文章はないなあ、と思います。

 

出典とか細かいことは後で書きます。

とにかくお読みくださいませ。

 

 

 

 

あけがたには  藤井貞和

夜汽車のなかを風が吹いていました。
ふしぎな車内放送が風をつたって聞こえます。
……よこはまには、二十三時五十三分
とつかが、零時五分
おおふな、零時十二分
ふじさわは、零時十七分
つじどうに、零時二十一分
ちがさきへ、零時二十五分
ひらつかで、零時三十一分
おおいそを、零時三十五分
にのみやでは、零時四十一分
こうづちゃく、零時四十五分
かものみやが、零時四十九分
おだわらを、零時五十三分
………
ああ、この乗務車掌さんはわたしだ、日本語を
苦しんでいる、いや、日本語で苦しんでいる
日本語が、苦しんでいる
わたくしは目を抑えて小さくなっていました
あけがたには、なごやにつきます


 

 このすてきな詩に私は感心しました。同時に「詩の方法」ということも、この詩は実に端的に語っているなあと思ったのです。
 
 この詩に出てくる夜行列車は、時刻表で調べてみますと、東京発、二十三時二十五分の大垣行きで、小田原までは各駅に停車、小田原から浜松までは、熱海、三島、沼津、富士、静岡の五駅にのみ停車、浜松から終着の大垣までは再び各駅停車になっています。名古屋には、六時七分着、大垣着は六時五十九分。


――と書きながら、私は藤井さんの詩の書き方を意識していることに気づきます。つまり、前記のところは、例えば「名古屋には六時七分着、大垣には六時五十九分着」というふうに、同じいい方を繰り返してもいいところを、「大垣着は六時五十九分」と書いて、繰り返しを避けています。これは些細なことでしょうか。
 
 藤井さんの詩の中で、停車駅名と到着時刻を読み上げている乗務車掌さん。駅名の次に送る助詞を次々に変え、また、助詞を省いたり、××着、と言ったりしている車掌さん。彼の心配りを、夜行列車の乗客の何人が聞き分けるでしょう。
 
 余分な助詞など一切省いて、駅名と到着時刻だけを読み上げても、だれもそれを非難しないでしょう。なんのおちどもないからです。しかし、この車掌さんはささやかな言葉遣いで勝手に苦しんでいるのです。いや、楽しんでいるというほうが、かえって当たっているような気もします。深夜の各駅をいたわる心遣いのようにさえ思われます。あるいは、自分の仕事への励ましのようなものかもしれません。そして、この車掌さんは車内放送を、乗客のためにやっているのですが、実は、自分の言葉遣いへの好みのためにやっているのだと私は思います。
 
 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

 

 

出典は、光村の古い教科書(中3)から。

豊中や吹田では使っていなくて、前の職場(某塾某教室)が閉鎖になったとき、廃棄品のなかから大切にもらってきたものですが、

調べてみると、

光村でも、

このすばらしい「詩が生まれるとき」というテクストが使われたのはたった4年!のようです。

なんということでしょう、もったいない!!

 

あけがたには、なごやにつきます

 

この1行に思わず涙ぐみそうになり、

吉野弘さんの、

 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

これもまた、深くうなずくほかありません。

(ちなみにことばについてはわたくしも数年前こんな記事を書いております)

 

 

吉野弘さんのこの解説文は、

ほぼ同じ(漢字表記が若干ちがうぐらい)ものが、

岩波ジュニア新書「詩の楽しみ」で読むことができます。

 

 

 

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て

posted by: L'essence | ことばの教育 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【4/29開催】 10歳までの子育て 勇気づけ おはなし会

アドラー流 10歳までの子育て 勇気づけおはなし会

開催します!

 

 

 

 

何回言ってもちっともきいてくれない

お友だちはちゃんとできているのに…

どうしたら勉強が好きになるの?

毎日のバトルイライラしちゃう、

寝顔をみて反省するんだけど……

どんな声かけをしたらいいかわからない

将来が心配で……

ほんとうはこの子はいっぱいいいところがあるのに!                                         

 

 

と、日々がんばっているお母さん、お父さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

悩んだり、後悔したりするのも、

子どもを愛しているからこそですよね。

 

 

方法を学ぶことで、親も子も、もっと楽に、幸せになれます!

親が対応を学べば、子どもが本来持っている力は、もっとひきだすことができる!

 

 

 

 

お子さんの力を引き出すことや、みんなが幸せになるコミュニケーションのために、

「アドラー心理学」の″勇気づけ”はとても有効です。

が、

気楽にいらしていただけるよう

今回は、SMILEやELMといった、正式なプログラムではありません。

ざっくばらんな「おはなし会」です。

 

アドラー心理学ってどんなん?と、ちょっと覗いてみたい方、

子育ての悩みを吐き出したい方、癒されたい方

それから、

なぜ今回は「10歳まで」なの?と思われた方

 

ぜひいらしてくださいね。

もちろん、

お子さんがいらっしゃらない方や、10歳より大きいお子さんをお持ちの方も、歓迎です★

 

 

超大型連休の前半に開催しますので、

ぜひ、連休後半のお子さんとのかかわりに役立てていただければ、と思います♪

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「アドラー流 10歳までの子育て 勇気づけ おはなし会」

 場所:進学塾レサンス (北大阪急行緑地公園駅より徒歩4分)

 日時:4月29日(月・祝)  10:00〜12:30

 費用:2,000円  ←今回も特別価格です! しかもご夫婦で受講なら、お2人で2,000円!

 持ち物:筆記用具

 お申込み・お問い合わせは  lessencefuruse★gmail.com  までお気軽に♪     

                              (★を@に置き換えて送信してください)

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
私が生徒さんに必ずする話 その1     ※写真追加しました

こんにちは。

「春の講座」もほぼ終わりに近づいてきました。

 

こういう、長期休暇中の講習のいいところの一つは、

いつもと時間割が異なり、連続して通塾してくれるので、

いろいろな話が、広がったり、深まったりしやすいところです。

(学年によっては、ほぼ平常授業と変わらない時間割だったりしますが……)

 

また、

昨日もしくはおとといの自分と比べての成長を実感できるので、

お子さんのやる気も継続しやすい!

 

と、

楽しみながらやっております。

 

さて、

春の講座のレサンス小学部は、どの学年も、

「気持ちをあらわす言葉」を増やすことをテーマにやっておりました。

 

そうすると、たとえば、

「こびる」「へつらう」「おもねる」なんでこんなに似た意味の言葉があるんだろう??

と。

 

素晴らしい疑問!!

 

語彙を増やす必要性について、

私はよく、色鉛筆にたとえて説明します。

 

語彙は、自分が認識する世界を表現する色鉛筆。

青といっても色んな青があるように、

それぞれの言葉は、すこーしずつ違っています。

 

心の中に広がる世界が、赤青鉛筆の2色しかないのではなくて、

色んな色で鮮やかに感じ、表現できたらいいよねー、

それが豊かさってことだよねー、

 

と。

この話をするときは、いきなりではなく、必ず具体例から入ります。

ですので、

小学生ですが、(小学生だからこそ?)みんな、ふんふんときいてくれます。

先日は、「じゃあこの言葉はうすい赤でー、こっちはピンクっぽい赤!」などと言葉に色のイメージを重ねる子も。

 

 

と!いうわけで!!!

 

「怒る」と「叱る」の違いについてもしっかり説明済みです(笑)

 

みんなが、叱られてイヤな気持ちになるときは、それはちょっと「怒る」になっちゃってるときなんだよね……

大人はね、叱りはするけど怒らないようにしようって思ってるんだよ……ほんとはね……

 

 

子どもはしっかりわかっています。

子どもを叱るとき、

一生懸命になるあまり、ついつい肩に力が入って”怒る”に傾いてしまいがちだけれど、

子どもは、わかる力をもっています。

 

だから、そんな子どもの力を信頼すれば、

 

そんなにあせらなくても、

傷つけあわなくても、

ゼーゼーハーハーしなくても、

 

教え、諭すこと、そしてそれが通じることは、

叶うものなのです。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て

JUGEMテーマ:子育て情報

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2019春 大阪府立高校入試結果

JUGEMテーマ:高校受験

 

おはようございます。

 

今年度の大阪府立高校入試、

レサンスからは、

 

  千里高校  総合科学科 に、 2名

 

合格しました!

 

おめでとうございます!!!!!

 

今年は正直、エンジンがかかるのがゆっくりな生徒さんが多く、

どうやって自覚を促すか、

主体的に動いてもらえるか、

言い換えれば、

「自分の行動は自分で選択していることであり、その責任は自分で負うのだ」という考えで生きていけるようになるか、

ということにひたすら心を砕いた1年でした。

勿論、早い時期からそれができている生徒さんもいましたが……。

そういう人は、本当にすごい伸びを見せてくれました。

(そして、そんな人たちの成長〜卒業してからも含め〜を沢山知ってるからこそ、私たちは無理矢理ではなく、高校入試が終わってからも生徒さんが主体的に人生を切り拓いていけるように、働きかけをするのです。)

 

 

少しずつ、少しずつ、

自立の萌芽を見せ始めた生徒さんたち。

入試の2日ほど前にようやく形になったと思えた生徒さんも。

 

私立入試から府立入試までの約1か月も、

本当に色々なドラマがありました。

 

そして、

本当に残念で悔しい結果になってしまった生徒さん。

あなたの頑張りと、著しい成長を私たちは知っています。

よくここまで伸び、チャレンジできたと思います。

私たちはあなたを誇りに思います。

 

 

レサンスを卒業される皆さんの今後の活躍を、

私たちは心から応援しています。

 

 

posted by: L'essence | 入試結果 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
受験生を送り出して〜〜2/17講演会のご報告〜〜

JUGEMテーマ:高校受験

 

ご無沙汰しております。

今週月曜日、大阪府立高校の入試が行われました。みんな、おつかれさま!!

 

というわけで、先週までとうってかわって、

少しさびしくなった自習室とともに、なんだか腑抜けております……。

 

今年の受験生の取り組みは、それぞれの生き方というか生きざまというかアドラー心理学でいうところの”ライフスタイル”(一人一人のもつ価値観や考え方のクセのようなもの)が色濃く出たものでした。

入試結果が判明するのはまだ先ですが、

それぞれが、人生は自分の行動や選択の結果だと受け止める主体性や責任感の素地は、生まれつつあるように思います。

これからも、主体的に、ほかのだれのものでもない自分の人生を生きていってほしいなあと願っています。

 

 

思えば2月3月のレサンスは、

毎年のことながら、

受験生から毎日無限に提出される過去問の添削、授業、新年度&春の講座の準備と盛りだくさんなところに、

SMILEも開講し(こちらも盛り上がりました)、

自分の勉強の機会も逃さずに……、と、

めいっぱいせいいっぱい、極限状態で過ごしております。

でも、

全部必要だと信じてやっていることなので、すごく楽しくて、充実しています(体はしんどくても)♪

 

そんなわけで遅くなってしまいましたが、

先月17日に行われました熊野英一さんの講演会のご報告をば。

 

 

          *

 

塾生保護者の方のみならず、遠方からも、また、地域の方にもたくさんお越しいただきました。

ありがとうございました。

少しだけ、地域にご恩返しができたようで嬉しく思っています。

 

講演会は、和やかで楽しく、大変盛り上がりました。

参加された方の質問から広がるワーク。

(やっぱり”仲間と学ぶ”こと、”場に参加する”ことって大事!)

 

「共感」とは?そして熊野さんがよくおっしゃる「共感ファースト」とは?

「勇気づけ」とは?

それらが、わかりやすくスルスルと皆さんの胸に届きます。

あれ?と思ったり、そういうことか!と腑に落ちたり、フムフム、ウンウンとうなずく皆さんの反応をみながら、私も幸せでした。

熊野さんの著作も沢山ご購入いただきました。

(私も一冊狙っていたのがあったのですが売り切れで買えなかったほど!)

                    (著作にサインをする熊野さん)

 

沢山の方のお手元にアドラー心理学のタネが届いた、嬉しい一日でした。

熊野英一さん、参加してくださった皆様、サポートいただいたアドラー仲間の真実さん、

本当に有難うございました。

 

 

 

                   (やっぱりこのショットが素敵♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2019春私立高校サクラサク 

JUGEMテーマ:高校受験

 

こんにちは。

ちょっとネットとパソコンの動きがスムーズにいっておらず、難儀しております。

遅くなりましたが、2019春の私立高校入試結果のご報告です。

 

 

【併願】

 

桃山学院  文理 

清風    理数 

履正社   集約文理砧

追手門学院 粁燹 

早稲田摂陵 B

 

【専願】

 

関大北陽  文理 専願

 

みんな、合格おめでとう!!!

現在、受験勉強が一区切りの人も、府立高校に臨む人も、

それぞれ頑張っています!!

精一杯サポートしていきます。

 

posted by: L'essence | 入試結果 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
講演会 確認メールについて


2/17の熊野英一さんの講演会、

お陰さまで、あっという間にほぼ満席!

ありがとうございます。


多方面にご活躍の熊野さんのお話が、

無料で、しかも関西で聴けちゃう、

とっても貴重なチャンス、私も楽しみにしております。



さて、

今までにお申し込みメールをいただいた方には、全て返信させていただいております。

ですが、

「申込んだのに古瀬の方に申込みメールが届いていない」ケースがあるようです。


大変お手数をおかけいたしますが、

アドレスをご確認のうえ、再度メールを送り直していただくか、

(lessencefuruse⭐️gmail.com  ←⭐️を@に変換お願いします)


月〜土曜  午後3時以降に

進学塾レサンス  06-6190-3266 までお電話いただますと幸いです。


よろしくお願いいたします。










posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新たなステージ♪

ただいま、2月9日朝6時を過ぎたところです。

まだあたりは真っ暗。

中3は、今日が私学入試。

無事に、健やかに、今日という日が迎えられたことに感謝ですね。

チャレンジができるのは幸せなこと。

きっといい受験になるのです。

そしてまた大きく成長するのです。


信じて、吉報を待っています。



レサンスでは、

SMILE講座2-3月期、開催中です。

昨日はその2回目(第3章)でした。

話は子育てにとどまらず、夫婦のこと、お仕事のこと……疑問質問も積極的にぶつけてくださり、盛り上がっております。


子どもも学ぶ。

大人も学ぶ。


子どもも成長する。

大人も成長する。


みんな、前に進んでいける。

みんながそんなふうに、人生をオモロク楽しめたらいいなぁ。と思います。

(私は人生イロイロを思いっきり楽しんじゃっているので)



書いているうちに、

少しずつ、

空が明るくなってきました。



posted by: L'essence | レサンスな日々 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サクラサク2019第一報

JUGEMテーマ:中学受験

 

今年度、レサンスから中学入試に臨んだのは1名。

 

桃山学院 選抜

関西大倉

 

の、合格をかちとりました。

おめでとうございます!

 

 

6年生になってからの、しかも、残り1年を切っての進路変更で、

正直、

いろいろ大変なところはありましたが、
最後の最後まで頑張った結果です。

 

子どもって、

「受験勉強」でも成長するし、

「受験生の生活」をどう送るか?というところでも学びはいっぱいあるし、

そして、

「本番に臨む」(午前午後とか、複数回受験とか昨今の中学入試は本当に忙しいです)

「結果を受け止める」というこのたった数日間でも、

ぐっと成長するのですよね。

 

これからの中学校生活が、実りあるものになりますように!

本当に、

おめでとうございます!

 

jugemの絵文字機能が終了したとのことで、絵文字ナシです残念)

 

posted by: L'essence | 入試結果 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
受験シーズンだけど、受験シーズンだからこそ、「勇気づける親になる!」〜講座・講演会のお知らせ

JUGEMテーマ:子育て情報

JUGEMテーマ:心理学

 

 

☆本日はお知らせが2つあります☆

 

受験シーズン真っ只中です。

ですが、

ご要望もあり、2月〜3月にアドラー心理学講座SMILE、開催します!

全8章のうち、第3章の日程は、なんと、京阪神私立高校入試の前日!!

 

 

スケジュールを組みながら、塾の先生として、ちょっと躊躇ったのは事実です。

でも、

子どもを勇気づけるなら、まず大人がハッピーで笑顔じゃなきゃ!

 

親の/大人の”空気”を子どもは敏感に感じ取るから、

まず大人が「勇気づけられた」状態になれば、

その幸せエネルギーが家いっぱいに満ちることで、

子どもも、自然と勇気づけられます。

 

アドラー心理学では、

勇気づけとは、困難を克服する活力を与えること、と定義されています。

 

子どもさんが、それぞれの課題に向かって、それを克服するために、

応援する親御さんを応援することは、

お子さんをサポートするのと同じぐらい重要かつ優先的なことだ、

 

そう信じているので、この時期にも開催します!

 

受験生の保護者の方も、

お子さんがいらっしゃらない方も、

学べばみんながハッピーになれる講座SMILE、ぜひお越しください。

 

 

☆2つめのお知らせは下に続きます☆

 

 

 

 

さて、

ちょこちょこと小出しに予告しておりました2/17のイベント、ようやくチラシができました。

「アドラー芸人」を自任され、あちこちの講演会でご活躍の、株式会社子育て支援代表取締役、熊野英一さんの講演会を、

レサンスで開催します。

無料です!

しかも定員10名、超少人数のとってもこじんまりとした会で色々聞けちゃいます。

さらになんと、抽選で3名様に書籍プレゼントの太っ腹企画!

私も楽しみにしています。

すでにご予約を複数いただいておりますので、

参加ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ。

 

 

 

 

 

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-