Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
会いたくって・・・、相談したくって・・・、と、思い出してくれてこちらこそありがとうな日々

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「夏の講座」始まっております!

 

その前週の話なのですが、とある卒業生のお母様が、

「先生にお会いしたくって、、、ご相談したくって、、、」と訪ねてきてくださいました。

 

 

 

内容は、特に私の専門というわけではないので、

正直、どこまでお役に立てるかしら・・・と思っておりましたが、

色々お話を聴かせていただいて、

「ああ、来てよかった!」とスッキリ笑顔で帰られました。

 

いえいえ、こちらこそ楽しいひとときをありがとうございます。

そして、ご家族で、私のことがよく話題になるらしい・・・・・(どういう意味だろう?)

 

そのご家族に限らず、

このところ、

立て続けに、

卒業生や、卒業生の保護者の方が、複数お見えになりました。

 

みなさん、

わたしに、

 

会いたくって、とか、

顔が見たくって、とか

話が聴きたくって、とか、

「古瀬先生ならどう言うだろう?」と思って、とか

 

言ってくださいます。

 

やっぱりご家族での会話に、私の名前が出てくるらしく・・・(どういう意味だろう?←2度目)

 

 

どんなインパクトなのかはわかりませんが(笑)

少しでも、お役に立っているのなら、嬉しいなぁ、やっててよかったなぁ、と思います。

 

生徒さんが羽ばたいていってくれさえすれば、なんでもいいので、

私のことは忘れてくれて構わないのですが、

 

「会いに行きたくなる存在」に、自分がなっているのなら嬉しいし、

そんな存在だと思ってもらえるような生き方がしたいなぁ、と改めて思いました。

 


私の「会いたくなる人」 カナダのペルグリーノ博士(アドラーの弟子に直接学んだ84歳)。

8/4に撮影したてのほやほやです。私、鼻が赤い……

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
写真は撮ったりとらなかったりです その2〜初夏のELM講座のご報告〜

前回に続きまして、

講座のご報告と、

お寄せいただいたご感想を載せさせていただきます。

 

 

* 5月下旬〜6月 ELM勇気づけ講座 *

 

「ご都合のいいときに、好きなところから、好きなだけ気軽に受講できる」、そんなELM勇気づけ講座。

つまり、

12章からなる講座ですが、

全部の回に出席しなくていいんです!!

(お子さんがお熱でドタキャン!そんなときでも安心♪)

 

というわけで、今期、初夏平日のELMは、


初日は賑やかに楽しく盛り上がり、

最終日はとっても少人数(なんとお二人!)で深ーーーく、と、

回によって全く異なる雰囲気となりました。

しかも、

その異なる雰囲気のそれぞれの回が、とっても充実した学びとなりました。

やはり、「ライブ」「生」の講座はいいものです♪

 

 

ELM勇気づけ講座については、私はよく、

「実践的なワークを楽しく次々やっていく、気軽に受けていただける講座」とご説明させていただいていますが、

それだけではなく、

受講者様の「今」の状態、お気持ちに応じて、

いくらでも深めていくことが可能な講座だと、今回改めて実感いたしました。

(ちなみに、”深めるのダイスキ!”な私なので、疑問などをぶつけていただくのは大歓迎です♪

 かなり充実した講座をご提供していると自負しております。)

 

 

それでは、

いただいたご感想を以下に載せます。

ご職業のみ、伏せさせていただきましたが、あとはそのままです。

 

 

(この春❝べーシック講座”を受講したばかりのお2人。

そのフォローアップとして、ちょうどいいタイミングだったそうです。

 ベーシックを受講されたからこそ湧いてくる疑問などについてもお話いただき、

 スッキリして喜んでいただけました)。

 
 

 

・受講前に目標としていた「自己受容」ができるようになったことを今実感しています。
・「8.自分の人生を引き受ける」の章で、自分の人生なのだから自分で選択していいのだと道江さんに言われハッとしました。そして、前向きになったつもりでも、まだまだ他人任せの悪い癖が抜けきれていないことに気付かされ、改めて気持ちが引き締まりました。
・「9.自分の良さを再発見する」の章で、好感度テストのワークを復習していて、突然!!自分の理想とする人物像が見えてきました。自分の良さを受け入れ、皆さんにも認めて頂けたことが自信になったためかもしれません。今まで覆われていた「自己否定」という名の霧が晴れ、私の歩むべき人生の道や周りの景色がよく見えるようになったように感じています。  
・勇気づけに必要な態度と技術は、対人関係を円滑にさせるコツのようなものだと思いました。アドラーの勇気づけはテクニックに走っていると言う人もいますが、このコツを知っているだけで、気持ちよく人と接することができるのではないかと思います。○○○○という職業がら、クレーム対応をすることも多いので、是非実践してみようと思います。
・この講座を通して、自分が劇的に変化したような気がしています。人生の目標や自分の理想像も見えて、今はとても清々しい気持ちです。
・職場においても、以前は自分に自信が持てなくて居場所を感じられず、辞めることを何度も考えていましたが、気がつけば今は所属感や貢献感を感じている自分がいます。この講座と、ワークを通じて勇気づけしてくれた道江さん、受講者の皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

 

 

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
写真は撮ったり撮らなかったりです〜春から夏のおはなし会・講座のご感想 その1〜

こんにちは、レサンスの古瀬です。

一学期の期末テストが終わり、フィードバックなど一連の流れがひと段落つきまして、

「夏の講座」までの、束の間の、”ちょっとホッとする時間”です。

ここで、

なかなかアップできていなかった、上半期のアドラー講座等のご報告をば。

大変遅くなり申し訳ありません。

 

              *

 

 

ほとんど告知をしていないにも関わらず、

「4/29おはなし会」「ELM(5・6月)」「SMILE(2月/6月)」など、

たくさんの方においでいただいております!

ありがとうございます。

ご感想は、すでに一部チラシで御目通していただいている方もきっといらっしゃるかと存じます。

 

そして、ワタクシ、自分が開催している講座の写真をほとんど撮らないのです・・・・・・

 

少人数で、近い距離でやっている、ということもあり、

みなさん、写っていいのかしら?とか、考えてしまったり、

深いところまでお話いただいて、もうそれで充分、感謝の気持ちでいっぱいで、

そこで「さあ、撮りましょう!」と言えない?言わない? そんな私です。

(ちなみに、セミナーとか講演会でも講師の方とのお写真をお願いするのにかなり勇気がいるタイプ)

 

というわけで、写真はあったりなかったりですが、ちゃんと開催しております。

9月からも開催予定ですので、ご興味のある方は、

ご連絡いただけると、今なら日程のご相談ができます! 

lessencefuruse★gmail.com  までお気軽に♪    (★を@に置き換えて送信してください)

 

写真を撮らないからこそ、安心してじっくり話していただけている、

そういうことも、きっとあると思います。

 

順番にご報告していきますね。

 

*4/29 「おはなし会」*

 

 

初めましての方も、

遠くからおいでいただいた方も、

リピートで来てくださった方も、

ご縁があって、一緒に学ばせていただいた皆様、ありがとうございました。

来てくださるのも勇気、

発言するのも勇気、

みなさんの勇気に勇気づけられた私です。

 

今回いただいたアンケートより、掲載許可をいただいたものを箇条書きでご紹介します。

 

 

・とても和やかで話しやすい雰囲気だった

・ゆったりした話し方でとても落ち着いて話せた

・話をきくだけだと思っていたら ディスカッションなどあって自分のことを振り返れた

・子供との接し方を見直すきっかけになった

・前回と同様、とても内容が濃くてためになった

・今実践していることをで、じっくり話していく中で、私自身とても楽になれた

・○○のところで、ハッとしました

・すぐに解決できるような問題ではないけれど、このような場で自分を振り返ることができて助かる

・あとは実践、頑張ろうと思います    などなど

 

 

 

*2・3月期SMILE*

 

受講者のおひとりに、ご感想を書いていただきました。

ちょっとそのまま載せていいものか迷うフレーズもありますが、

原文ママだからしょうがないよね!!と厚かましくそのままです(笑)

 

 

 

嫌われる勇気など書籍で知ったアドラー心理学に興味があり受講しました。

 

講習の中盤から楽しくなり、終わりの頃には、名残惜しくなっていました。

講師は、長年進学塾を経営されている清楚な女性であり、落ち着いた雰囲気で講習に参加することができます。

その進学塾の教室で受講するので、大変、静かで集中することが出来、あっと言う間に時間が過ぎました。

また、講師の個人的見解は、無に等しく、あくまでもアドラー心理学に基づいて一緒に考える・答える事、を大切にされていました。

子育ては終えているのですが、私なりの気づきがあり、考え方の幅が広がりました。

特に、子育て世代の人なら男女問わず、一考の価値有りです

受講料も安く、受講時間を確保できる人にはお勧めです。   

(49歳 男性 職業 コンサル系)

 

ありがとうございました!

ELMのご感想は、日曜にアップします!!

posted by: L'essence | - | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
みんな前向き

今、レサンスでは、

とってもいい雰囲気で、みんな前向きに頑張っています。

 

伸びるお子さんは、

 

・ポジティブであること、

・人のせいにしないで、責任が自分にあると考え、主体的に動くこと、

・一定の、地道な訓練、量が必要だと知っていること

 

これらを兼ね備えています。

 

実はなかなかむずかしいこと。

けれど、素晴らしいことに、

全体の雰囲気が、そうなっているので、

これからがとっても楽しみです♪

 

まだそうなっていない人も、周りの雰囲気から学べる、

そんな可能性を秘めています。

 

 

そんな中、先日、

これらの言葉を紹介したところ、

その学年は、みんな知らなかった💦のですが、

 

「じゃあ、壁に貼ってみる?」とたずねると、

なんだかとってもノリノリで……。

では貼りましょう!!

ということで早速これを印刷いたしました。

 

 

 

今週は、どこの中学も、期末テストです!

頑張りますよ〜

 

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
明日6/17(月)の授業等について

JUGEMテーマ:日記・一般

 

※月曜日に授業が入っている生徒さんに連絡した内容です

 

 

今朝千里山にて発生した事件の犯人が逃走中であることをうけて、明日の授業等の対応を以下のとおりとします。

6/17(月)
16時の時点で容疑者が確保されていなければ、
小学生の時間帯は臨時休講。
18時の時点で容疑者が確保されていなければ、
中学生の時間帯は臨時休講。

その場合、自習室も休みとします。自宅学習に勤しむように!
なお、
休講になった場合、事務受付時間は15時〜19時。それ以外の時間帯の連絡は、
古瀬のメール lessencefuruse★gmail.com (★を@に変えて送信してください)

もしくは携帯電話
にお願いします。

18(火)以降の対応や、休講になった場合の振替につきましては
、明日以降に連絡させていただきます。

 

無事の解決と、負傷された警察官のご快復を祈ります。

 

 

posted by: L'essence | お知らせ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
人生の幅を広げる?!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

少し前のできごとです。

 

自習室で、定期テスト勉強中の中学生。

彼女は、フレーズでは覚えているのですが、一つ一つの単語をとりだすと???となっておりました。

 

"forward"って?

″away"って?という具合。

 

そして、友達やら私やらに、

「サッカーでフォアードってあるじゃん」とか、

「野球とかでアウェイっていうよね」とか言われるたび、

 

「えー、サッカー興味ない……」

「野球も見ない……」

 

と、なっておりました。

「そっかー、きいたことある!」とか、

「あれはそういう意味だったんだ!」という友達と、ちょっと対照的なことに。
 

もったいないなぁ。

 

で、

「それは、人生の幅を狭めるわー」と半分冗談めかして言ってみましたが、

どうも、ピンと来ない様子。

 

二人そろって、

 

と声をそろえて聞き返してきて可愛かったです。

 

そりゃそうですよね、

興味ないものが自分の世界を豊かにする、とか言われても、、、、でしょうね。

 

それで、

「じゃぁさぁ、自分の好きな人が、サッカーについて熱く語ってたら、

  ”興味ないし!”とか言う?」

 

さすがにそれは……、という反応。

そして、続けて、

 

「自分の興味あるものに興味のある人の話しかきかないと、

 ハンドボール部(仮/フェイクです)の男子としか付き合えないじゃん!!」

 

というと、

ハンドボール部(仮)の男子部員を思い起こしたのでしょうか、

ぶるるっと首を振って、

「うん、それは困る」と、

 

”人生の選択肢を狭める”ことに、心から納得がいったようでした(笑)

 

それから、

一流の人って、全然違うジャンル同士でも響きあうことがあるみたいで、

新聞とか雑誌でそういう対談を読むとすごく面白いよ、

なんて話も。

 

 

同じ趣味のパートナーがいることも素敵だし、
全然ちがう趣味のパートナーに刺激をもらったり、あるいはお互い干渉しなかったりするのも素敵。

 

 

生徒さんたちが、

いろんな考え方があることを知って、

自分の人生を自分で選んでいく、

そのときに、たとえば「べき」に縛られて苦しむことのないように……。

 

その手助けが少しでもできれば、と思っています。

 

そんな、とある一日の、可愛いお話でした♪

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
0が1になること  〜セミナーのお知らせもあります〜

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんにちは。

例のない大型連休が終わりましたね!

レサンスでは、授業時間の兼ね合いで6連休でした。

その間に、東京で研修に参加してきました。

 

いくつかのクラスで生徒さんにも話したのですが、

その研修は、私はまだまだ勉強不足なところがある、という自己認識があったのに、

なぜか張り切って手を挙げ、

そして、大失敗!!!

というかつてない経験をして帰ってまいりました!!!!!アハハハハハ!!!!

 

いやはや、あの時の私はなんだったのでしょうか……?

何であんなこと言ったのだろう?とか、

それにしてもあそこまで失敗する?とか、

思い出したらもうジタバタするしかないのですが。

 

 

その時に思ったのは、

・どれが必要でどれが切り捨てていいものなのか

・全体の時間配分

・流れのつくり方 など、

 

経験しないと分からないことがたくさんあって、

逆に言えば、普段の仕事の中では、

全く無意識にやっていることだけれど、

すでにたくさんのひきだしを持っていて、

実はものすごくいろんなことを瞬時に判断しながら進めていっているんだなぁ、

ということでした。

 

 

経験を積んでいれば当たり前にできることができなくってアタフタする。

いやー恥ずかしかった!!

 

というのは、この歳になるとなかなかないことで、

ものすごく貴重な体験を得て帰阪しました。

 

 

後悔とか恥ずかしさとかはもちろんあるのですが、

とにかく、

まだ私にとっては、まだ学びがほとんど進んでいない分野で、

経験値を、

0から1にした。

 

その意味はものすごく大きいと思っています。

 

経験値0と1は全然違います。

まず一歩踏み出す、そこに勇気は要りますが、その後は加速度がつきますもの。

 

また、

その時の「今から思うと意味不明な私」も、

きっとそのときのありのままの私だったのです。

そのことを認めながら、

少しずつ人間のレベルを上げていきたいなと切に思います。

 

 

そういうわけで。

初めの一歩に勇気がいることも、

0を1にする意味の大きさも、

そこからの加速がスムーズなことも、

最初のあたふたから人はぐぐっと成長できる、

そして世界が大きく広がるよ、ということも、

 

いろんな経験からいつも感じている私です。

 

 

 

アドラー心理学に興味はあるんだけれど、、、、

という思いがある方、

 

0を1にしませんか?

 

きっと、新しい世界が広がることと思います。

 

 

・上半期の講座の日程が決まりました!

 

★ELM (勇気づけ体験学習講座) ;1章あたり約30分!全12章  3時間×3回

      ♪ 5/21,28,6/4() 10時〜13(一日単位、1章ごとでの受講も可) 

        全12章 ¥21,000   1章¥2,000 1日¥8,000(税込、テキスト代込み)

 

ELMは、ミニワークを次々やっていく、楽しい実践のプログラムです。SMILEのように段階を踏むものではないので、

いつからでも、どこからでも、ご都合のいい日、一日だけ、1章だけでも参加していただけます。

 

5/21 第1章  さまざまな見方・考え方の存在を認める

   第2章  聴き上手になる

   第3章  言い方を工夫しよう

         第4章  感情と上手につきあう

 

5/28 第5章  自分のスタイルを明確にする  

         第6章  セルフ・トークを意識する

   第7章  目的を意識する                    

       第8章  自分の人生を引き受ける

 

6/4  第9章   自分のよさを再発見する      

         第10章 あたりまえの価値を再確認する

         第11章 物事を前向きに考える            

         第12章 勇気づけをする

 

 

SMILE(愛と勇気づけの親子関係セミナー) ;2時間半×8章でみっちり学べます

     ♪  6/9,6/23,7/7,7/21()10時〜16時 (昼食休憩含)  

        ¥32,400(税込、テキスト代込み)

 6/9   第1章 子どもの行動を理解しよう  /    第2章 聴き上手になろう

6/23 第3章 子どもを勇気づけよう     /   第4章 誰の課題でしょう

7/7  第5章 子どもを傷つけないで意見をつたえよう/第6章 体験を通じて学ぶ機会を与える

7/21  第7章 新しい家族のあり方       /     第8章 社会性のある子どもに育てよう
 

 

★秋にはELMを日曜、SMILEを平日で開催予定です。今回のご都合が合わない場合は、ぜひこちらもご検討ください。

 

★一言; 10月に消費税が増税されます。また、ヒューマンギルドの方で、来年、30年間据置き価格だったSMILEの値上げも予定されているそうです。ご家族やお知り合いの方に宣伝してくださるときには、その点も含めて今秋までのご受講をお勧めいただけると幸いです。

 

 

 お申込み・お問い合わせは 

 lessencefuruse★gmail.com  までお気軽に♪     

    (★を@に置き換えて送信してください)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:セミナー情報

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
バズ・ライトイヤーから学んだこと

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー」シリーズが大好きな息子。

いつもウッディとバズの絵を描いたり、おもちゃで遊んだりしています。

 

いつものように、しゃべるおもちゃのバズに喋らせて遊んでいた息子が、

「”メイデン”って何?」ときいてきました。

 

 

メイデン?

めいでん?

めいでんって、あの、あいあんめいでんのメイデン???

 

 

(持ち主が学校に行っているすきに無許可撮影)

 

 

そんなん、まだ前歯が一本抜けたばかりの乳歯だらけのボクちゃんには

とても言えません💦

 

 

ですが、

たしかに、

「メイデン、メイデン!至急援軍を頼む!」と言っている、と、

キラッキラのおめめで言うのです。

 

 

ははぁ、こりゃ無線用語だな。

でも、おかあちゃんは無線用語は知らないんだよ、

終わったらオーバーって言うのは知ってるけど(無知)……

でも、

世界のディズニー・ピクサー映画で、

そんなことばつかうかなぁ……

 

 

よし、もう一回きいてみよう!(バズのボタンを押す)

 

バズ「メーデー、メーデー!!」

 

 

 

よかった、

「○○くん、これメーデーって言ってるわ(ホッとしながら)。

 どんな意味か調べてみるね」

 

 

 

やはり、国際的な遭難信号でした。

SOSとほぼ同じで、重大な危険が差し迫ったときにのみ発することのできる信号だそうです。

(ご存知の方も多いと思いますが)
で、ほおー、と思ったのは、その由来。
たしかにMaydayとなるのですが、
5月のお祭りでも労働者に関係するものでもなく、
フランス語の m'aider (=help me)から来ているんですって!
そうか、メデ―!だったのか!!
1つ賢くなりました。
ついでに、
息子が、
無線とかトランシーバーとか知らない、ということが分かったので
(観ている映画にも出てきてはいますが...)
また見かけたときに「コレよ!」と言っていこうと思います。
以上、本日のレサンスブログです。
れ・さ・ん・す。
れんげのれ
さくらのさ
おしまいのん
すずめのす
担当、ふ・る・せ。
ふじさんのふ
るすいのる
せかいのせ、でした。どうぞ!(適当)

ポイントで父親さんが買ってたから知らなかったけど、た、高〜!!
そしてウッディの方が安いのはなぜだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
私が生徒さんにする話 その2  〜詩が生まれるとき〜

「その2」にしてタイトルから"必ず”が消えてしまいましたが。

 

言葉を大切に、と思うと、絶対に紹介したい詩があるのですけれど、

紹介するからには、子どもたちに、

「おお!」と思ってほしいのです。

ですから、●年生のこの時期に、と決めているのではなく、

いろいろな話をするなかで、

今!今だ!!この瞬間なら、この子たちがヴィヴィッドに反応してくれる!!という瞬間に紹介しているので、

ひょっとしたら、この詩ではなく、別の形で学んだ学年もいるかもしれませんので……。

 

 

ともあれ、

藤井貞和さんの詩のなんと素晴らしいこと。

そして、吉野弘さんの解説も、一切の無駄がなくて、しなやかな強さを秘めた美しさ。

 

塾講師として、子どもの心にかかわるものとして、また、カウンセラーとして、そして、

人とかかわる「人間」という存在として、

絶対に忘れてはいけない言葉の大切さ。

それを、これほど端的にあらわしてくれる詩と文章はないなあ、と思います。

 

出典とか細かいことは後で書きます。

とにかくお読みくださいませ。

 

 

 

 

あけがたには  藤井貞和

夜汽車のなかを風が吹いていました。
ふしぎな車内放送が風をつたって聞こえます。
……よこはまには、二十三時五十三分
とつかが、零時五分
おおふな、零時十二分
ふじさわは、零時十七分
つじどうに、零時二十一分
ちがさきへ、零時二十五分
ひらつかで、零時三十一分
おおいそを、零時三十五分
にのみやでは、零時四十一分
こうづちゃく、零時四十五分
かものみやが、零時四十九分
おだわらを、零時五十三分
………
ああ、この乗務車掌さんはわたしだ、日本語を
苦しんでいる、いや、日本語で苦しんでいる
日本語が、苦しんでいる
わたくしは目を抑えて小さくなっていました
あけがたには、なごやにつきます


 

 このすてきな詩に私は感心しました。同時に「詩の方法」ということも、この詩は実に端的に語っているなあと思ったのです。
 
 この詩に出てくる夜行列車は、時刻表で調べてみますと、東京発、二十三時二十五分の大垣行きで、小田原までは各駅に停車、小田原から浜松までは、熱海、三島、沼津、富士、静岡の五駅にのみ停車、浜松から終着の大垣までは再び各駅停車になっています。名古屋には、六時七分着、大垣着は六時五十九分。


――と書きながら、私は藤井さんの詩の書き方を意識していることに気づきます。つまり、前記のところは、例えば「名古屋には六時七分着、大垣には六時五十九分着」というふうに、同じいい方を繰り返してもいいところを、「大垣着は六時五十九分」と書いて、繰り返しを避けています。これは些細なことでしょうか。
 
 藤井さんの詩の中で、停車駅名と到着時刻を読み上げている乗務車掌さん。駅名の次に送る助詞を次々に変え、また、助詞を省いたり、××着、と言ったりしている車掌さん。彼の心配りを、夜行列車の乗客の何人が聞き分けるでしょう。
 
 余分な助詞など一切省いて、駅名と到着時刻だけを読み上げても、だれもそれを非難しないでしょう。なんのおちどもないからです。しかし、この車掌さんはささやかな言葉遣いで勝手に苦しんでいるのです。いや、楽しんでいるというほうが、かえって当たっているような気もします。深夜の各駅をいたわる心遣いのようにさえ思われます。あるいは、自分の仕事への励ましのようなものかもしれません。そして、この車掌さんは車内放送を、乗客のためにやっているのですが、実は、自分の言葉遣いへの好みのためにやっているのだと私は思います。
 
 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

 

 

出典は、光村の古い教科書(中3)から。

豊中や吹田では使っていなくて、前の職場(某塾某教室)が閉鎖になったとき、廃棄品のなかから大切にもらってきたものですが、

調べてみると、

光村でも、

このすばらしい「詩が生まれるとき」というテクストが使われたのはたった4年!のようです。

なんということでしょう、もったいない!!

 

あけがたには、なごやにつきます

 

この1行に思わず涙ぐみそうになり、

吉野弘さんの、

 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

これもまた、深くうなずくほかありません。

(ちなみにことばについてはわたくしも数年前こんな記事を書いております)

 

 

吉野弘さんのこの解説文は、

ほぼ同じ(漢字表記が若干ちがうぐらい)ものが、

岩波ジュニア新書「詩の楽しみ」で読むことができます。

 

 

 

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て

posted by: L'essence | ことばの教育 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【4/29開催】 10歳までの子育て 勇気づけ おはなし会

アドラー流 10歳までの子育て 勇気づけおはなし会

開催します!

 

 

 

 

何回言ってもちっともきいてくれない

お友だちはちゃんとできているのに…

どうしたら勉強が好きになるの?

毎日のバトルイライラしちゃう、

寝顔をみて反省するんだけど……

どんな声かけをしたらいいかわからない

将来が心配で……

ほんとうはこの子はいっぱいいいところがあるのに!                                         

 

 

と、日々がんばっているお母さん、お父さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

悩んだり、後悔したりするのも、

子どもを愛しているからこそですよね。

 

 

方法を学ぶことで、親も子も、もっと楽に、幸せになれます!

親が対応を学べば、子どもが本来持っている力は、もっとひきだすことができる!

 

 

 

 

お子さんの力を引き出すことや、みんなが幸せになるコミュニケーションのために、

「アドラー心理学」の″勇気づけ”はとても有効です。

が、

気楽にいらしていただけるよう

今回は、SMILEやELMといった、正式なプログラムではありません。

ざっくばらんな「おはなし会」です。

 

アドラー心理学ってどんなん?と、ちょっと覗いてみたい方、

子育ての悩みを吐き出したい方、癒されたい方

それから、

なぜ今回は「10歳まで」なの?と思われた方

 

ぜひいらしてくださいね。

もちろん、

お子さんがいらっしゃらない方や、10歳より大きいお子さんをお持ちの方も、歓迎です★

 

 

超大型連休の前半に開催しますので、

ぜひ、連休後半のお子さんとのかかわりに役立てていただければ、と思います♪

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「アドラー流 10歳までの子育て 勇気づけ おはなし会」

 場所:進学塾レサンス (北大阪急行緑地公園駅より徒歩4分)

 日時:4月29日(月・祝)  10:00〜12:30

 費用:2,000円  ←今回も特別価格です! しかもご夫婦で受講なら、お2人で2,000円!

 持ち物:筆記用具

 お申込み・お問い合わせは  lessencefuruse★gmail.com  までお気軽に♪     

                              (★を@に置き換えて送信してください)

posted by: L'essence | アドラー心理学・セミナー・カウンセリング | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-