Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
巣立ち。
JUGEMテーマ:日記・一般


レサンス入り口の階段をトコトコッと降りようとして。
すぐ脇の駐輪場にある自転車のカゴに。
このお方が。















え?





か、カラス君(またはカラスさん)・・・・・・。
近いです・・・・・・。


ご本人はいたっておとなしく、
こんなに近くで写真をとらせてくれますが、
上空で親ガラスたちが油断なく見守っています。


動かないのでけがをしているのか?
保護はしちゃだめだろうけれど、出入り口に近すぎます。
本人にせよ親鳥にせよ襲ってきたら危ないし、
野鳥故へんなビョウキを持っている危険性もあります。
どうすべきかわからず、
ネットで検索をかけ、大阪府の「環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループ」に問い合わせ。


(大意)
この時期だからおそらく巣立ちの雛だろう。
そっとしておいたらそのうち飛び立っていくから。
親鳥が近くで見守っているはず。
威嚇してくるときは、頭を狙ってくるので、傘などでしっかり防御してください。



そうか、怪我ではなく、巣立ちの雛か!
すぐ近くの公園の大木から飛んでみたものの、
下へ下へとくだっちゃって、レサンスの駐輪場で、動けなくなっちゃったんだね。

よく見ると、確かにおなかのあたり、まだぽやぽやの産毛がありますわ。


今日は雨が降ったり止んだり。
みんな傘を持ってくるはずで、その点は助かりました。
ひとまず、直後に来る生徒さんに、急いで電話で、状況と来塾時の注意点を連絡しつつ。


激しくなる雨に、彼(または彼女)は、
ちゃっかりと、出窓の下の、濡れない自転車に移動。
そこでじっとしています。


生徒さん帰宅後、深夜の彼(または彼女)。南先生撮影。






次の日。

自転車置き場にはもうカラス君(またはカラスさん)はいなくなっていて、
すぐ上の電線でじっと固まってしまっているへっぴり腰風のカラスを発見。
昨日は至近距離すぎてよくわかりませんでしたが、
こうやって(普通の距離感で)見ると、明らかにサイズが小さめです。

この子がきっと昨日のカラスかなぁ。と思ったら、
その向こうの公園の大木にも、同じようにじいっと動かない雛がいます。
「七つの子」という歌があるくらいだから、兄妹がいっぱいいるんでしょう。



路上のゴミをあさり、威嚇してくるカラスはちょっと苦手ですが、
雛さんには、がんばれー!と思ってしまう矛盾した私。


奇しくも、同日、
息子がプレで通う幼稚園から、
「園庭に巣を作ったカラスが巣立ちの時期を迎え、
保護者が親ガラスに攻撃される事態があったのでご注意ください」的なメールが……。

千里中央の方でも、カラスに襲われ怪我をされた方がいらっしゃるようです。


みなさま、ご注意ください。
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
孵化
JUGEMテーマ:日記・一般


前回の記事のアゲハの卵が、孵化しちゃいました。
                         ↓
                         ↓  この黒いヤツです。
                         ↓
 
 

卵にのっかっているように見えますが、
ヤツが出てきた殻はその隣に見えるちいさな透明のかたまりです。

何を考えて、隣の卵にくっつきに行ってるんでしょうか。。。。。
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ルッコラ収穫祭&オレンジさんのピンチ
以前お知らせしておりましたルッコラの種が、いい感じで熟しております。






                               (無造作に床に広げているところ)


種がほしいかた、さしあげます。




さて。
以前、差し入れで美味しくいただいたオレンジ。

一年ぐらい前かな?いや、二年前かも。
食べたあとの種を植えて、
ようやく芽が出て、
冬は元気がなくなったりしつつも、

彼らの現在の様子はこちら。

2本あるのですけれど、1本は15cmぐらいの可愛らしい苗木に。


もう1本は冬は完全に枯れ(たように見え)て、もうだめかと思ったら、
ひこばえのようなものが出てきて復活。

上のほうの幹(といっても10センチぐらいの高さ)は完全に枯れちゃってるんですけどね。



ところで、お気づきになられましたか??
オレンジさんたちに、卵がいっぱい産み付けられていることに。。。。。。。。

前述のように、
小さな15cmの苗木と、ひこばえしかないんですよ。
つまり、
葉っぱの数は、幼児でも数えられるほどしかない。
一匹でも食べつくしちゃいそうな量。

こんなに卵が密集していては、絶対、食糧が足りません!!
もうちょっと考えて産めばいいのに、、、、、。
それとも、近所に蜜柑系の木がないのですかね。
可哀想に。
でもこのままでは、ウチのオレンジがハゲになるのも時間の問題です。

さぁどうしましょ???


明子先生いわく、

「みかんの木、買ってこなくっちゃ!!」

だそうですが、
そんなことしたらレサンスが蝶まみれになる気もします。
うーーん。





JUGEMテーマ:ガーデニング
 
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 13:00 | comments(2) | trackbacks(0) |-
○○の種さしあげます
JUGEMテーマ:ガーデニング

水遣りをしていると、
通りすがりのお年寄りから、たびたび
「何ですか?コレ??」と声をかけられるほどにょきにょき伸びていたこの植物。

たしかに、こんなににょきにょきと高く伸びた状態って見かけたコトない。
食用ですが、ここまでにょきにょきされちゃあ食用には適さない。




 

こんなに高く伸びちゃってどうなるんだろう?と思っていたら、
花が咲いて、
そして、
種ができました。



 

ルッコラでございます。
(花が咲いたあたりから、お年寄りからの質問はなくなった)

今は種が熟すのをじっと待っております。

階段下のルッコラは、伸びすぎた挙句、ある雨の日に重みでばっさーーーっと倒れ、
その後も起き上がってこない。
ちょっと見苦しい状態で失礼しております。

でも、確実に子房がふくらみつつあります。
もうすこしです。
送迎の際にでも、ぜひごらんください。


というわけで、種が出来次第、
ほしい方にさしあげまする。

ご希望の方はおっしゃってくださいませ。


posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0) |-
生まれたよ♪
JUGEMテーマ:日記・一般

 一学期の通常授業が終わり、
育伸社模試があって、
「夏の講座」がはじまって、
と、
大変多忙なthis week。
そんなウィークにかぎって、さらに加わったお仕事。

それは、、、、、、、











「メダカの卵探し」。
最近毎日のように産むのです。

授業前  “あ、お腹に卵がついてる”。

         ↓

授業後  “お腹の卵がなくなってる。どこに産み付けた?探せ!”
(この辺は生徒さんも協力してくれます)

見つけたら、別の小さな水槽へ(これは南先生の仕事)。
毎日のように産卵しまくり、救い出すこと10日あまり。

今日、念願の、小さな赤ちゃんメダカが3匹誕生。
嬉しい♪
まだまだ卵はいっぱいあるので、これからぞくぞく増えそう☆
今年の春はメダカさんの死が例年になく多かったり、昨年は産卵もなかったこともあり、
喜びも一入です。


ですが、
同じぐらいすごい勢いで増えている「たにし君」の存在が。。。。。




「ビミョー」(←中学生風に)





posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
土曜日のアオスジアゲハ
土曜日のお昼前に、小学一年生と、サナギになったばかりの青虫を観察。
例の、落っこちたサナギと比較して、
まだ青虫のかたちだね〜、などと言っていました。
その数分後、授業に戻った我々の代わりに、南先生が撮影したのがコレです。

(虫さんの苦手な方は、ご注意ください。)


     ・
     ・
     ・   
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

(そろそろ貼りますよ)


     ・

     ・

     ・









11時50分現在

撮影時刻 11:50。



なのに、なのに、なのに!!!

12:50からの授業にやってきた5年生が見たのは、なんと、この状態。
たった一時間のあいだに、劇的な変化です。




12時52分




JUGEMテーマ:日記・一般
 
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
続・事件
室内に避難したアオスジアゲハさんの写真を公開いたしまする。




これだけではナンですので、小咄をひとつ。
本日中学生の課題で「枕草子」の
あかつき、格子・妻戸など押し上げたるに、
嵐のさと吹きわたりて、顔にしみたるこそいみじうをかしけれ。

の部分を読みました(一八八段)。

「格子」「格子戸」って知ってる?と聞けば、知らないとのこと。
そうか、知らないか。。。と説明しましたが、私はこの言葉に個人的に思い出があります。




あれは、小学校低学年のころ、図書館で借りた本を読んでいたときのこと。
もう題名も内容も全然覚えていませんが、
とにかく、
主人公が結婚して、新居を調えていく場面か何かで、
“●●さんは、こうしのもようのカーテンを買ってきました。”とかいうフレーズがあったのですね。
挿絵をみて、私は祖母のところへ行って、一気にまくしたてました。


「おばあちゃん、コレ見て〜〜!!
これ、こうしのもようのカーテンって書いてあるのに、
全然牛の絵描いてないっっ!!
この絵の人、全然文を読まずに絵を描いてる!!めっちゃ失礼!!
しかもカーテンが風に揺れて喜んでる場面だから、カーテンはとても大事なのに!!
なんで牛が描いてないの?
しましまなんて、ひょっとして手抜き?ひどいと思わない???」


しばらくの沈黙の後、大笑いをされたのは言うまでもありません。
そして、私の記憶に、「格子柄=チェック」という知識が深く深く深く刻まれたのでした。
ついでにそのとき、“タータンチェック”という言葉も教えられました。

その後も、チェックのスカートなどを履く度に、
「こんな柄のことなんて言うのだったっけ?」と言われました。

今でも古瀬家では語り草です(笑)

今日、いかにも先生らしく「格子」の説明をする私を、もし祖母や母が見たとしたら、
笑いをこらえるのに必死だったことでしょう。

以上、他愛ない個人情報でした。



JUGEMテーマ:日記・一般
 
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
事件

その事件は突然起こりました。

 

まずはこれをご覧ください。

【一昨日】  

             
10月18日昼

 


いよいよ蛹になります。
まだ幼虫っぽいですね。クリックしてご覧ください。





【昨日】

10月19日夜

夜の撮影のため、少し暗いですが、
クリックして前日との変化をお確かめください。


 

 

 

今年何匹目かのアオスジアゲハの幼虫が、サナギになりました。

ここのところレサンスには、この虫と、もう一匹、計2匹の青虫がいて、彼らの様子を、我々は毎日熱心に観察していました。2齢虫⇒3齢虫などの脱皮も、脱皮直前のウニュウニュ体をもだえさせる様子とか、脱いだ殻などもみんなで見ましたし、何より毎日大量に地面に落ちているフンの多さ!(タイルの部分に落ちるので目立つことこの上なし)。気温が低くなってきたせいか成長がゆっくりで、その時間の長さの分だけわれわれの愛着も増していました。

 面白いことに一匹は、いつも自分のお気に入りの葉っぱがあるみたいで〜それは、以前そこで脱皮した葉なのですが〜、どんな枝にいても、いつもそこに戻るのです。「お、“自分ポジション”に帰ってるねぇ」なんて話しかけたりしてました。

 で、彼らがかなり大きくなり、動きが鈍くなり、やがて動かなくなり、すわ蛹化か!と色めき立ったら実はたんにじっとしていただけで、一時間後に観察したらちがう場所に移動していてがっかりしたり、翌日、いよいよ動かないぞ!と思ったら大きな大きなフンをぼとっと落としたり、と、さまざまなドラマを経て、いよいよ一匹がほんとうに蛹になったわけです。

 

そして今日。

まだ透き通ってつやつやしていますが、“幼虫らしさ”はなくなり、形は完全に蛹です。

写真をとろうとしたら、もう一匹がちょうど葉の表に移動してきていました。

 

2匹いっぺんに記念写真です。

ふたり。




ただ、上から重〜〜い、でか〜〜い青虫に乗られて、蛹が潰れないか、青虫の移動する振動が悪影響を及ぼさないか心配は心配でした。

 

 

そして。

 

6時の小休憩のとき、小3・小4のみんなと一緒に発見しました。

なんと、蛹が、地面に落ちているのです。

 

もう一匹は、いつのまにか、いつもの“自分ポジション”へ戻っています。

 

地面に落ちている蛹を見れば、ちょっとだけ枝の切れ端がついています。

木にはすきま。

 あ!葉っぱがなくなっている!!!!

 

蛹が付いている葉っぱを、こともあろうに、表にいたもう一匹がむしゃむしゃ食べてしまい、拠り所を失った蛹が地面に落下していたのです。

 

 

拾い上げると、中でもぞもぞ動いています。

まだ、完全に形がなくなったわけではなかったようです。

注意深く虫かごの中に入れて保管することにしましたが、

出てくるとき割れる部分を考えると、上下を逆に置かざるをえなかったので、不安は募ります。
大丈夫かなぁ。上手く羽化できるといいのですが。。。。。。

 

アオスジアゲハさんへ。

蛹になるときは、やっぱり、葉っぱの裏より、枝に止まる方が安全ですよ☆

 

 

 

  

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アオスジアゲハ
毎年レサンスには青虫さんがいらっしゃいます。
例年はふつうのアゲハだったのですが。
今年は、アオスジアゲハさんに気に入られたようで、たくさんいます。



アゲハの幼虫はわりに馴染み深いと思いますが、
アオスジアゲハの幼虫がこんなのだったとは、、、、知りませんでした。
“頭でっかち尻すぼみ”な感じです。
よろしければ、ぜひご覧ください。

お嫌いな方もいらっしゃると思うので、
ちょっと行間を空けますね。
お好きな方は、クリックして大きな別画像でご覧くださいませ。






















JUGEMテーマ:ガーデニング
 
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 23:39 | comments(0) | trackbacks(1) |-
収穫祭

道路沿いのほうの鉢に植えたじゃがいもが枯れたので、
掘ってみたら。。。。。


じゃがいも



かわいいじゃがいもさんがこれだけ↑できていました。

ならば、写真の背景に写っている、まだ緑色で元気なほうのじゃがいもは、
もっと収穫を期待していいのかしら・・・・・?



JUGEMテーマ:ガーデニング

posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-