Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小5と小6のちがい

さて。
現実の生徒さんにはすでに対応ずみですが、
連休・9月後半小6受験生について、ここでちょっと記しておきたいと思います。

少し疲れているのなら、ここでちょっとテンポを落とすのも一つの方法です。

夏に頑張って、
しかも、「受験生の夏はがんばるものだ」という“常識”に応えるべきだと全力疾走ぎみにだった場合、
夏が終わると、一仕事終えた気分になるというか、ふう。と一息いれたほうがいいでしょう。
そのままでは体力も気力も続きません。
もちろん「休め」という意味ではなく、「区切り」を入れる、ということです。
あと4ヶ月、心身ともに充実して前進するために。

「夏のがんばり」と「秋のがんばり」って、気持ちも、内容もやっぱり異なる。
生徒さんには、今はこういう時期、これからはこういう内容、という風に予めお話するほうが、
不安も取り除かれるし、やる気もでるようです。

長い受験生生活に、句読点を入れることでノッていきやすくなる。



で、夏の終わりに小6受験生に話したこと。
やるべき内容が一通り終わって、弱点も補強されつつあると、
「今日は新しくこれを習った!」とか「この分野ができるようになった!」という分かりやすい実感は得にくいから、
本当に実力がついているのか、前に進んでいるのか、と、不安になりやすい。
でも、仕上げの時期とはそういうものだから心配はいらない。

あたかも彫刻のように。
骨格をつくっているときは大胆に、劇的に進んでいく。
でも、その後は微調整。
今日は人差し指の爪を作った、とか、耳の形をととのえた、とか。眉毛の角度をちょっとだけいじったとか。
人から見たら、一見、「何が進んだん?」と思われるような。
でも、その過程なくしては美は絶対に得られない。

成績も同じで、基本ができていない人は別にして、
ここまできたら、できる人とできない人の差はわずかだ。
たとえば、合格最低点に10点以上足りなくて落ちた人に、「惜しい!」なんて思わないでしょ、
でも、一科目3点ずつ足りなかったら、4教科で12点になるんだよ。
つまり、落ちた人だって、実は、一科目は一問しかちがわないんだ。

そんな細かい違いのために、これから仕上げていくんだよ。


さて、
実力と気持ちをうまく上向きにさせていかなければ、どんどんしんどくなるこの時期。
「不安」との戦いでもあります。
成績も気持ちも直線的に推移するのは難しい。
多少の上下はあるもんです。
そして、多少の上下はあるもんだ!と、どーーーんと構えて、
乗り切ってほしいと思います。

そのような生徒さんの上下を見守りながら、
ゴールに向かって着実に進んでいけるよう、
レサンスのスタッフ一同、カリキュラムを練りに練って、全力疾走中です。



で。タイトルの内容。

小5というのは、原理をしっかりわかってほしいので、あれこれ試行錯誤してもらいます。
公式だって、
「なぜそうなるか」が言えたら覚えてなくても良い!
覚えてないうちは、出てくるたんびに、えっと〜ここがこうなるからぁ、 とやってもらいます。
そのうちに、いつのまにかしっかり覚えます。

それをすっとばして丸暗記すると
え?ここn−1?それともn−2?どっち?わからん!!という恐ろしい事態に。。。
(理屈がわかっている子は何のためのn−1なのかわかっているから決して間違えない)


そのようなプロセスを大切にしています。
ですから、『わかってなくても答えが出せる一発解法』なんてのは、あえて教えません。

「これね、一瞬で答えを出す方法があるんだけどね、今は教えな〜い♪」とイジワルします。
え、イジワル? とんでもない!!
原理も教えず楽な方法で子どもの頭を思考停止させるようがよっぽど悪です。
大手塾で、それで潰れていく子どもたちを何人見たことか。

それにしても、
小5の授業では、
さんざんあーでもないこーでもないと一緒に悩んで、
ついに、
「そうだね、その考えで進めれば求められるね、大正解!!」と褒めたのとまったく同じ解法を、
すぐ次の授業で小6に、
そんなやり方してたら間に合わない!もっと効率よく解け!」
と言い放ったりする自分が、
ちょっとおかしい。

ええ、女優です。うふふ。



JUGEMテーマ:中学受験
 
posted by: L'essence | 受験情報 | 02:06 | comments(2) | trackbacks(0) |-
受験生が問われるのは国語や算数や理科や社会の力だけではない
 
夏の講座が始まって、最初の日曜日。
受験生にとっては、勝負の夏。

さて、標記の件ですが、
「だけではない」というより「科目の“力”に実は含まれるもの」というほうがいいかも。

それは何かというと、
“必要なこと、すべきことをバランスよく確実にこなせる処理能力”“時間管理能力”です。

ある科目が苦手だとします。
で、なぜ苦手かを分析すると、時間をかけていない”“やるべきことをやっていない”から、が
最大の原因であることがほとんど。だったら、やればいいじゃん!って普通は思いますが、
処理能力、時間管理能力が低ければ、そうはできない、というのがポイントです。

「宿題だけで手一杯」とか「算数をやっていたら時間切れになった」とか、
あるいはもっと単純に、時間の使い方がヘタクソだとか遊びすぎだとか、、、、。

要は、「○○は苦手科目」と言い切るのは簡単で、言い切ってしまいがちですが、
それはちがうんだ、という話です。


できる子は、宿題もさくさく進みますが、
そうでない子は何をするにも時間がかかります。
英語を一生懸命覚えたら、数学の宿題をする時間がなくなって雑にやるしかなくなったり、
数学を丁寧にやったら社会のテスト準備をする時間がなくなったり、
ある科目を必死でがんばったら息切れして他の科目の成績が下がったり、
というのはよくあることです。

それを、「○○が苦手」というのはちと早計です。
まして、目いっぱい時間を有効に使えていないのに、“苦手”だなんて!
やってないだけだよ!!

大学受験でも、
はじめは国公立志望で5教科やっていたのに、
途中で息切れして私立文系に変更するのは、
(数学が苦手、というのもモチロンあるでしょうが)
数学をやっていると他の教科も共倒れになりそう、
つまり、
“全部の教科まわせない”“処理しきれない”というのが大きい。

だから、得意とか不得意とかいうのは、
半分は時間管理。
とくに、中学受験や高校受験レベルの範囲・内容ではそう。
そりゃ、多少の好き嫌いや得意不得意は当然ありますが、
それをふまえて、勉強時間のバランスを考えるべき。

やってないだけならやれ。
苦手なものには優先的に時間を確保せよ。
覚えてないだけなら覚えるまでやれ。
かといって、時間には限りがある。
だから、時間を区切って、集中して、やりきることが大切。

宿題をやってればいいだろー、とか、
大手塾なら拘束時間も長いし、人とおんなじことしてるから安心だろー、
とか、
そんな意識ではだめです。

自分に必要なこと、足りないことを、
淡々とこなしていく、
力をつけていく、
そのための時間を作る。

簡単に“苦手”って言ってはいけないし、
言わせてはいけない。

頑張ろう!!


JUGEMテーマ:高校受験


JUGEMテーマ:中学受験 
posted by: L'essence | 受験情報 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(2) |-
黄金週間
 
 大型連休ですね。

今日は祝日ですが、レサンスでは授業を実施しました(年間授業回数調整のため)。
また、呼び出し及び自主的な自習&補習も数名。



中学生にとって、ゴールデンウィークは一つの山場です。
この期間に中間テストの範囲を一通り仕上げておくことが重要なのです。

とくに、一年生にとっては、運命の分かれ道と言っても過言ではないほど。
中1の一学期の成績は、かなりの割合で中3まで維持されます。
(つまり、中1で上位の人は中3でも上位ですし、逆にいえば、ここで点が取れない人が中3で巻き返すのは非常に難しいのです。)


とくに、小学校のあいだに“勉強グセ”のついていない新一年生は大変だと思います。
ま、レサンスで早くから準備している人にとっては、
一学期の中間なんて、範囲も狭いし、科目も少ないし、そんなに負担ではないはずですがね。(自慢)

でも、
あらゆる教科で満点をねらって、
間違ったところを何度も反復をし、
直前には細かい部分のチェックに全力を注ごうと思えば、
早め早めの準備、つまり、もう動いておかなくてはならないのは明らかですね♪


今年は、どの中学校でも、テスト日程の告知が例年より遅めでした。
そのためレサンスでも予定表の配布が若干遅れておりますが、
でも、もうみなさん、試験日はわかっていますよね?
その日から逆算して、計画を立てていきましょう。


ゴールデンウィーク、大事ですよ☆


JUGEMテーマ:高校受験
posted by: L'essence | 受験情報 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
金蘭千里中学校説明会 その2 〜考えたこと〜
さて、
金蘭千里の説明会にて、おお!と思ったこと。
「生活指導は厳しいの?」という問いへの答えです。
我が意を得たり、の思いでした。

「きちんとした服装や礼儀を大切にされているご家庭のお子様には
当たり前のこととして受け入れられています。」


このことばは、
躾だけでなく、全てのことに言えるのではないでしょうか。

たとえば、「レサンスの課題は厳しい」という人もいれば、
ぜんぜんそうは思わない人もいます(実際両方言われます)。

つまり、何を基準にするかによって、求めるものも、感想も、結果も変わってくるのです。
高い基準を「当たり前のこととして」自分に課せば、
いつのまにかできるようになります。
だから、
大事なのは、基準をどこに設定するか。
高くのぼりたければ、「当たり前のこと」として求める水準を高く設定するしかない。

と、上の言葉をきいて、そんなことを思いましたので
例年おっしゃっていることであるはずなんですが、
なんだか心にじわっと響き、励まされた次第です。
posted by: L'essence | 受験情報 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
金蘭千里中学校入試説明会 その1
JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:中学受験


9月1日に同校で行われた塾対象説明会に行ってきました。
金蘭千里というと、世間では、「勉強ばかり」「厳しい」という印象をお持ちの方が多いようですが、
そのあたりをきっちり説明なさっていたので、それをお伝えします。

「男子はサッカー・女子はバレーボールを校技と定め、六年間継続して体育授業時に行う」というのはご存知の方も多いですが、

クラブは、
中1・・・必修クラブ(授業に組み込む)
中2・・・週1回 男子→サッカー、硬式テニス
         女子→バレーボール、硬式テニス
中3以上・・・週3回まで 〈運動部〉男子→サッカー、硬式テニス
                   女子→バレーボール、硬式テニス
             〈文化部〉音楽、美術、文芸、生物、PLSなど

と、なっており、
入部率は中3は65〜70%、高校は40〜50%とのことです。
新しいクラブができたり消えたり、もあるそうですし、
自由度が高い印象を受けました。

「こんなにクラブが少ないなんて〜」と保護者の方が思われたとしても、
お子さんは意外と気にしてなかったり
(30個あろうが50個あろうが、入部するのはたいてい1つだけですから、
問題はお子さんが入ってみたいクラブがあるかどうかです。
剣道に興味がない人にとっては、剣道部があろうがなかろうか同じってことですね)、
また、
いざ入学後、お子さんが毎日毎日クラブ三昧だったりすると、今度は「勉強は?」と気をもんだり、
そんなことを考えると、

勉強も、それ以外も、きちんとする。という方針のご家庭には、
実際この活動規模とペースは、ちょうどよいのでは?


幅広くいろんな角度から学校を検討される、
その一助になりますように、あえて主観的情報(数字は読めばわかりますよね)を、
お伝えしていきたいと思います。
posted by: L'essence | 受験情報 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-