Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
受験生が問われるのは国語や算数や理科や社会の力だけではない
 
夏の講座が始まって、最初の日曜日。
受験生にとっては、勝負の夏。

さて、標記の件ですが、
「だけではない」というより「科目の“力”に実は含まれるもの」というほうがいいかも。

それは何かというと、
“必要なこと、すべきことをバランスよく確実にこなせる処理能力”“時間管理能力”です。

ある科目が苦手だとします。
で、なぜ苦手かを分析すると、時間をかけていない”“やるべきことをやっていない”から、が
最大の原因であることがほとんど。だったら、やればいいじゃん!って普通は思いますが、
処理能力、時間管理能力が低ければ、そうはできない、というのがポイントです。

「宿題だけで手一杯」とか「算数をやっていたら時間切れになった」とか、
あるいはもっと単純に、時間の使い方がヘタクソだとか遊びすぎだとか、、、、。

要は、「○○は苦手科目」と言い切るのは簡単で、言い切ってしまいがちですが、
それはちがうんだ、という話です。


できる子は、宿題もさくさく進みますが、
そうでない子は何をするにも時間がかかります。
英語を一生懸命覚えたら、数学の宿題をする時間がなくなって雑にやるしかなくなったり、
数学を丁寧にやったら社会のテスト準備をする時間がなくなったり、
ある科目を必死でがんばったら息切れして他の科目の成績が下がったり、
というのはよくあることです。

それを、「○○が苦手」というのはちと早計です。
まして、目いっぱい時間を有効に使えていないのに、“苦手”だなんて!
やってないだけだよ!!

大学受験でも、
はじめは国公立志望で5教科やっていたのに、
途中で息切れして私立文系に変更するのは、
(数学が苦手、というのもモチロンあるでしょうが)
数学をやっていると他の教科も共倒れになりそう、
つまり、
“全部の教科まわせない”“処理しきれない”というのが大きい。

だから、得意とか不得意とかいうのは、
半分は時間管理。
とくに、中学受験や高校受験レベルの範囲・内容ではそう。
そりゃ、多少の好き嫌いや得意不得意は当然ありますが、
それをふまえて、勉強時間のバランスを考えるべき。

やってないだけならやれ。
苦手なものには優先的に時間を確保せよ。
覚えてないだけなら覚えるまでやれ。
かといって、時間には限りがある。
だから、時間を区切って、集中して、やりきることが大切。

宿題をやってればいいだろー、とか、
大手塾なら拘束時間も長いし、人とおんなじことしてるから安心だろー、
とか、
そんな意識ではだめです。

自分に必要なこと、足りないことを、
淡々とこなしていく、
力をつけていく、
そのための時間を作る。

簡単に“苦手”って言ってはいけないし、
言わせてはいけない。

頑張ろう!!


JUGEMテーマ:高校受験


JUGEMテーマ:中学受験 
posted by: L'essence | 受験情報 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(2) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:09 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/115
トラックバック
2009/07/27 2:36 AM
漢検 DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「漢検 DS」へ!
漢検 DS
2009/08/16 6:13 PM
あなたは、今までは可能とは思えなかったスピードであなたのビジネスを 成長させなが...
オススメEBOOKS