Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
レサンスはなぜレサンスという名前なのか
進学塾レサンスの「レサンス」ってどんな意味???
たまにきかれますので今日はそのお話をば。



レサンスはl’essenceと綴ります。
フランス語です。

ちなみに、 グーグルやヤフーで“レサンス”と検索すると、
当「進学塾レサンス」と並んで(いや、上位に)、
フランス料理のお店「レ・サンス」さんも表示されます。
「レ・サンス」さんはles sens というスペルですので別名になります。
(機会があればいつか行ってみたい♪)

さて、この“essence"、英語のエッセンスと同じですね(前にある“l’”は冠詞)。
塾を立ち上げるとき、essenceという単語のもつ、
“本質”という意味を込めて名前をつけました。

それまでは、大手進学塾で講師をしていました。
プロ家庭教師(高給)もやっていました。

いい経験もたくさんさせていただき、多くのことを学ばせていただきましたが、
同時に、この業界のイヤなところもたくさん目にしました。
詳しくはいずれまた改めて記事にしようと思いますが、

そんな中で、強く思ったことは、
「人として」まっとうでありたい、ということ。

子どもの前に出て恥ずかしくないような生き方をすること。
そうなれるよう“人間的成長”を常に心がけること。


まーぶっちゃけ塾講師なんて誰でもなれるわけですよ。資格もいらないから。
テキトーに子どもを2時間ばかり笑わせておけばそれでOKだったりする。
一人ひとりの生徒の将来なんて知ったこっちゃないし、
落ちた子は残念だったね、ハイ、明日から新年度です、新しい生徒に入れ替わって、
でも自分は10年変わらぬお話をまた始める。

塾講師ってのは、狭い世界で、子ども相手だから、ヌルくても、精神年齢が低くても成り立っちゃう。
成長も必要ない。

おまけに、保護者の方の不安を煽ってどんどんオプション講座をとらせる。
もしくは、面談でこっそりと、
「よろしければ僕が家庭教師しましょうか?」→ご成約時給いちまんえん也。
などと、際限なく金の亡者になることも可能。

つまり、
講師本人の気持ち一つで、いくらでも怠惰にも、邪悪にもなれるし、
逆に、いくらでも努力することができる。
だからもちろん、尊敬できる素晴らしい先生も複数いらっしゃいます。が、
かように、それは全て、本人次第。
そこには、いわば、講師本人や経営者の“人生観”が表れるのです。

そして私は自分が見てきた“イヤな塾業界”とは正反対の塾を作ろうと思った。
“自分が心から子どものためになると思ったこと”だけを、全力でやろうと思った。
それはひょっとしたら「典型的な塾講師」という存在に、喧嘩を売ることだったかもしれない。



子ども相手だからこそ、ベストを尽くす。
“本物”を追求する。
妥協はしない。


だから、レサンスは、“本質”という名前なのです。





JUGEMテーマ:日記・一般
 
posted by: L'essence | 経営 | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:54 | - | - |-

l’essence の意味確認させていただきました、以前質問させていただいたのには訳がありました。
インターネットの仏和翻訳機で「
l’essence」とやってみましたら、なんと「gas]と出るではありませんか!家に仏和辞典があればこんな面白いことにはお目にかからなかったのでしょうが、なんと「gas」です!昔フランス語を第二外語として習っていたはずなのに?英語の「essence」を調べればすむことだったのにと、反省です。インターネットは便利になりましたが盲信しがちなのでやはり、息子には常々「辞書を引きなさい」といっている私に天罰でしたね。しかし「gas」の意味もあるとは眼からうろこです。いろいろ勉強させていただきありがとうございました。
| 足袋や2008 | 2010/03/06 10:33 AM |
>足袋や2008さん

そうなんです!エサンスってガソリンなんですよね。別名「進学塾ガソリン」です(笑)
| レサンス古瀬 | 2010/03/07 2:07 AM |









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/154
トラックバック