Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
巣立ち。
JUGEMテーマ:日記・一般


レサンス入り口の階段をトコトコッと降りようとして。
すぐ脇の駐輪場にある自転車のカゴに。
このお方が。















え?





か、カラス君(またはカラスさん)・・・・・・。
近いです・・・・・・。


ご本人はいたっておとなしく、
こんなに近くで写真をとらせてくれますが、
上空で親ガラスたちが油断なく見守っています。


動かないのでけがをしているのか?
保護はしちゃだめだろうけれど、出入り口に近すぎます。
本人にせよ親鳥にせよ襲ってきたら危ないし、
野鳥故へんなビョウキを持っている危険性もあります。
どうすべきかわからず、
ネットで検索をかけ、大阪府の「環境農林水産部 動物愛護畜産課 野生動物グループ」に問い合わせ。


(大意)
この時期だからおそらく巣立ちの雛だろう。
そっとしておいたらそのうち飛び立っていくから。
親鳥が近くで見守っているはず。
威嚇してくるときは、頭を狙ってくるので、傘などでしっかり防御してください。



そうか、怪我ではなく、巣立ちの雛か!
すぐ近くの公園の大木から飛んでみたものの、
下へ下へとくだっちゃって、レサンスの駐輪場で、動けなくなっちゃったんだね。

よく見ると、確かにおなかのあたり、まだぽやぽやの産毛がありますわ。


今日は雨が降ったり止んだり。
みんな傘を持ってくるはずで、その点は助かりました。
ひとまず、直後に来る生徒さんに、急いで電話で、状況と来塾時の注意点を連絡しつつ。


激しくなる雨に、彼(または彼女)は、
ちゃっかりと、出窓の下の、濡れない自転車に移動。
そこでじっとしています。


生徒さん帰宅後、深夜の彼(または彼女)。南先生撮影。






次の日。

自転車置き場にはもうカラス君(またはカラスさん)はいなくなっていて、
すぐ上の電線でじっと固まってしまっているへっぴり腰風のカラスを発見。
昨日は至近距離すぎてよくわかりませんでしたが、
こうやって(普通の距離感で)見ると、明らかにサイズが小さめです。

この子がきっと昨日のカラスかなぁ。と思ったら、
その向こうの公園の大木にも、同じようにじいっと動かない雛がいます。
「七つの子」という歌があるくらいだから、兄妹がいっぱいいるんでしょう。



路上のゴミをあさり、威嚇してくるカラスはちょっと苦手ですが、
雛さんには、がんばれー!と思ってしまう矛盾した私。


奇しくも、同日、
息子がプレで通う幼稚園から、
「園庭に巣を作ったカラスが巣立ちの時期を迎え、
保護者が親ガラスに攻撃される事態があったのでご注意ください」的なメールが……。

千里中央の方でも、カラスに襲われ怪我をされた方がいらっしゃるようです。


みなさま、ご注意ください。
posted by: L'essence | レサンスの生きものたち | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:12 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/281
トラックバック