Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大阪にある塾レサンスがたいていの方に大学付属校をおすすめしない理由 その1

長いタイトルになってしまいましたが、

この条件は重要です。


「関西の都市部にある」レサンスが「たいていの方に」大学付属校(いわゆるエスカレーター校)をお勧めしない理由をお話します。

これが関東であったり、いわゆる地方であったりすると、

事情が変わってきますから。



ではまず、関西事情から。

関西には京都大学、大阪大学という旧帝国大学をはじめとして、

国立大学もたくさんあり、

公立大学も、総合大学以外にも京都府立医大などとても充実していますから、

基本的に、

国公立志向がとても強い土地柄です。

数年前に、摂陵高校が早稲田系列になって早稲田摂陵と改名、

「早稲田に入れます!!どや!!」とやったところ「ふーん、それが?」とばかりにむしろ顰蹙を買い、すさまじい定員割れになったのは、

御存知のかたも多いでしょう。

(ちなみにその後早稲田摂陵さんは大阪の事情に合わせていろいろ努力をされています)


で、

関西で大学付属中学というと、トップはいわゆる「関関同立」になります。

「関関同立」の、大学受験での入りやすさというのは、

20から30年前、保護者の方が受験生だった頃とは全く違っています。

少子化で子どもの数が半減している一方、学部や定員数は増えていますし、

推薦入試で入学する割合も半分を超えるほどですから、

結果的に、「偏差値50程度の高校からでも十分ねらえる大学」になり、

トップ進学高の人が「目指す大学」ではありません。

(眼中にないといっていいでしょう)


その低レベル化に、OBOGの方は、本当にお嘆きです。


要するに、関関同立の大学に行きたいのであれば、

そんなに目くじら立てて勉強する必要がなくなっているわけです。

そして、

「ほんとうにできる層」は、国公立しか見ていないわけです。


そのような受験事情の中で、中学から関関同立に行かせたい、と思うのはどういう方になるか?

というと。


 

posted by: L'essence | 保護者の方へ | 12:04 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:04 | - | - |-
確かに息子からは、冷ややかな態度で接しられます!?(笑)私自身は、誇りを持っておりますので気にはしておりませんが。逆に帝塚山学園がUPしているのには、いささか驚きながら、変に嬉しがっている自分がおります。・・・・・
とりとめのないコメントお許し願います。
| 足袋や2008 | 2014/11/26 12:47 PM |









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/286
トラックバック