Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ごめんなさいとありがとう
JUGEMテーマ:日記・一般

お陰様で、中学生は満席となっており、
せっかくお問い合わせいただいてもお断りすることが続いています。
(以前の記事にも書きましたが、状況により、多少定員を超えて受け入れることはあります。
が、中学生はもう物理的に席もなくなりました)

お断りばかりしているので、いただいたお電話が、爐泙誓覆里△覲愬のお問い合わせ”だとホッとします。



「春の講座」のさなか、
またまたいただいた一件の入塾お問い合わせの電話を、南先生がお断りしておりました。
それを横で聞いていて、ふと思いました。

南は丁重に謝っておりました。
しかし、何かが足りないな、と思ったのです。

それは、

お問い合わせいただいてありがとうございます。
レサンスを、お子さんの塾の候補に挙げてくださってありがとうございます。


という感謝の気持ちを、きちんと
伝える言葉

もちろん、南が思っていないわけではありません。
全く言ってない、というわけでもありません。
しかし、横で聞いていると、それが伝わる言葉が少ないように感じました。


翻って私も
お断りの意を申し上げるときに、
ちゃんと感謝の気持ちが伝わるように、しっかり口に出しているだろうか?
言ったつもりになっていないだろうか
と、
反省させられました。


人は、「ごめんなさい」は比較的よく口にするけれど、「ありがとう」はなかなか言わないように思います。
日本人の傾向かもしれません。
「ありがとう」というべきところで「すみません」「ごめんなさい」と言ってしまうこともありがちです。
ますます気をつけていかなければいけない、と思いました。


さて。
今申し上げたように、レサンスでは、
ぞくぞくとお問い合わせをいただきながら、中学生はそのほとんどをお断りしており、
心苦しく思っています。
また、
「我々の方針に心から納得、ご賛同いただいてご入塾ください=賛同できなければ入らないでください」というのは、
席ガラガラ時代からの変わらないスタンスであり、

それらが重なると、
大変エラソーで上から目線な塾であるように見えるかもしれません。
しかもほとんどがご紹介ですし…。まるで敷居の高い高級会員制バーのよう。(←行ったことないのでイメージです)

ですが、
たとえ、爐舛腓辰板未蠅垢りに話聞いてみたらなんかちがったワ”というお問い合わせでも、
我々は、本当にありがたく思っています。

「レサンス」を覚えてくださった、
ちょっと興味をもってくださった、
お子さんの塾の候補に挙げてくださった、

それだけでも、爐官”ができた、ということでも、じゅうぶん嬉しいことです。

そして、
わざわざ問い合わせという手間をかけてくださった、

なんとありがたいこと!すごいことです。
(いわんや、入塾し、少なくないお金とお子さんの生活や学力の責任を預けてくださるなんて。頑張るしかないわけです)


ご紹介で入塾される方がほとんどで、
初めから「ぜひレサンスに」と熱望されてこられる方も多く、
お断りすることも多い今だからこそ、

しっかりと気を引き締め、

まだ我々のことをよく知らない、どんなお気軽なお問い合わせにも、
感謝の気持ちをしっかり伝わるような応対をスタッフ一同心がけていきたい、と思いました。


ほんとうに、
お問い合わせありがとうございます!!



 
posted by: L'essence | 雑感 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:06 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/312
トラックバック