Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「今夜の空襲で死ぬ」、と「いつ死ぬかわからない」

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て

 

 

もう8月!

いっぱいブログに書きたいことがあるのに!

とはいえ、連日「夏の講座」で充実した毎日です。

 

今日はそんな「夏の講座」の授業から。

三浦哲郎「月蝕」の一部です。

ある月食の日、主人公の脳裏に、30数年前の、旧制中学3年のころ、そうと知らずに見た月蝕の記憶がよみがえります。

 

          *

 

彼は、歩きながら、何気なく空の月を見上げた。すると、月が異様な欠け方をしていた。家を出るとき見た月とは、はっきり形が違っていた。目をこすってみても、同じことであった。彼は、訳が分からずに、ただそのいびつな月に不吉なものを感じた。仲間に黙っていようと思ったが、やはり話さずにはいられなくて、
「おい……あの月。」
と彼は小声で言った。あ、と仲間は小さく叫んで、立ち止まりそうになった。
「……月食だ。」
彼は、あれが月食かと、改めていびつな月を仰いだ。ふと、今夜の空襲で死ぬな、という気がした。けれども、死の恐怖は全くなかった。これで自分の一生もおしまいか、という感慨もなかった。ただ、飛行兵志望だったのに、一度も飛行機に乗ったことがないままに死んでしまうのを、残念に思った。
彼は、指を鳴らして、
「ちくしょう。」
と独り言を言った。すると、仲間も何を考えていたのか、
「ちくしょう。」
とつぶやいて、指を鳴らした。
それから、二人は月食の月を浴びながら黙って歩き続けた。

 

          *

 

この、「今夜の空襲で死ぬな」という心情を答えさせる設問がありました。

このフレーズをほとんどそのままを書けばいいのに、

私が説明文の読解でいつも「具体例だけでは説明にならない」と話しているせいか、

徒さんは、

「今夜の空襲で死ぬ」と言う以外表しようのないその心情にもかかわらず、

ほぼそのままを書くことに抵抗があったようです。

 

その結果なぜか、

「いつ死ぬかわからない」と言い換えてしまった人が続出しました。

 

 

でもそれって全然違うよね、という話になりました。

 

「自分は今夜の空襲で死ぬ」というリアルな実感。

「いつ死ぬかわからない」というのは、いかにも現代人が書きそうな、深刻なようでいて、実感がない”軽さ”の現れ。

 

 

「南海トラフ地震、いつ来るかわからない、いつ来てもおかしくない、って思ってるでしょ?

でも、それが明日とは思ってないよね。

今夜南海トラフ巨大地震が来るから明日会えないかもしれない、なんて思わずに、

夏休みの計画を立てて、楽しいイベントの約束もする。

つまり、

”いつ来るかわからない”なんてのは、”明日には来ない”あるいは❝自分には訪れない”という、

とても漠然と、他人事としかとらえていない証拠。

我々のように、平和ボケしていると、ついそうなりがちだけれどね・・・・

 

そんなのほほんとしたお気楽さと、

「自分は今夜死ぬ」という実感は全然別物だ、というふうに話をしました。

 

また、

ただ「今夜死ぬ」とだけ思い、感傷もないといった乾いた感情。

そこには、ただ圧倒的な現実があるのみ。

 

ロマンティックとかしんみりとか切なさなんて、

ヒマだから、平和だから、甘ったれてボケてるからこそ味わえるんだ。

 

 

なんて言いながら、話は、

靖國神社に奉納されている花嫁人形のことへ。

 

誰が、なぜ納めたと思う?と問いかけると、

やはり、恋人や婚約者が……と想像する中学生。

 

そうじゃないんだよ、

恋人や婚約者がいたら、まだ救われたかもしれない……

 

 

教室は静まり返りました。

 

     *

 

読解ができるかどうかは、「自分以外の視点でものをみることができるか」が大きな要素です。

レサンスでは、

国語の大きな目的は、

「他者の視点でものを考える」→→「他人の立場、異文化を想像し、理解する」ことだと考えています。

知識を身につけること、勉強することは、

そのためのツール。

 

人にやさしくなるために勉強するのだ、といつも思っています。

 

たとえば、「今夜の空襲で俺は死ぬ」と「いつ死ぬかわからない」の違いをしっかり感じるような……

 

 

 

※「月蝕」が載っている本をアマゾンでさがしたのですが、中古しかないみたいです。

 代わりにこんな文庫がありましたので、紹介します。

 

 

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:36 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/342
トラックバック