Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
私が生徒さんにする話 その2  〜詩が生まれるとき〜

「その2」にしてタイトルから"必ず”が消えてしまいましたが。

 

言葉を大切に、と思うと、絶対に紹介したい詩があるのですけれど、

紹介するからには、子どもたちに、

「おお!」と思ってほしいのです。

ですから、●年生のこの時期に、と決めているのではなく、

いろいろな話をするなかで、

今!今だ!!この瞬間なら、この子たちがヴィヴィッドに反応してくれる!!という瞬間に紹介しているので、

ひょっとしたら、この詩ではなく、別の形で学んだ学年もいるかもしれませんので……。

 

 

ともあれ、

藤井貞和さんの詩のなんと素晴らしいこと。

そして、吉野弘さんの解説も、一切の無駄がなくて、しなやかな強さを秘めた美しさ。

 

塾講師として、子どもの心にかかわるものとして、また、カウンセラーとして、そして、

人とかかわる「人間」という存在として、

絶対に忘れてはいけない言葉の大切さ。

それを、これほど端的にあらわしてくれる詩と文章はないなあ、と思います。

 

出典とか細かいことは後で書きます。

とにかくお読みくださいませ。

 

 

 

 

あけがたには  藤井貞和

夜汽車のなかを風が吹いていました。
ふしぎな車内放送が風をつたって聞こえます。
……よこはまには、二十三時五十三分
とつかが、零時五分
おおふな、零時十二分
ふじさわは、零時十七分
つじどうに、零時二十一分
ちがさきへ、零時二十五分
ひらつかで、零時三十一分
おおいそを、零時三十五分
にのみやでは、零時四十一分
こうづちゃく、零時四十五分
かものみやが、零時四十九分
おだわらを、零時五十三分
………
ああ、この乗務車掌さんはわたしだ、日本語を
苦しんでいる、いや、日本語で苦しんでいる
日本語が、苦しんでいる
わたくしは目を抑えて小さくなっていました
あけがたには、なごやにつきます


 

 このすてきな詩に私は感心しました。同時に「詩の方法」ということも、この詩は実に端的に語っているなあと思ったのです。
 
 この詩に出てくる夜行列車は、時刻表で調べてみますと、東京発、二十三時二十五分の大垣行きで、小田原までは各駅に停車、小田原から浜松までは、熱海、三島、沼津、富士、静岡の五駅にのみ停車、浜松から終着の大垣までは再び各駅停車になっています。名古屋には、六時七分着、大垣着は六時五十九分。


――と書きながら、私は藤井さんの詩の書き方を意識していることに気づきます。つまり、前記のところは、例えば「名古屋には六時七分着、大垣には六時五十九分着」というふうに、同じいい方を繰り返してもいいところを、「大垣着は六時五十九分」と書いて、繰り返しを避けています。これは些細なことでしょうか。
 
 藤井さんの詩の中で、停車駅名と到着時刻を読み上げている乗務車掌さん。駅名の次に送る助詞を次々に変え、また、助詞を省いたり、××着、と言ったりしている車掌さん。彼の心配りを、夜行列車の乗客の何人が聞き分けるでしょう。
 
 余分な助詞など一切省いて、駅名と到着時刻だけを読み上げても、だれもそれを非難しないでしょう。なんのおちどもないからです。しかし、この車掌さんはささやかな言葉遣いで勝手に苦しんでいるのです。いや、楽しんでいるというほうが、かえって当たっているような気もします。深夜の各駅をいたわる心遣いのようにさえ思われます。あるいは、自分の仕事への励ましのようなものかもしれません。そして、この車掌さんは車内放送を、乗客のためにやっているのですが、実は、自分の言葉遣いへの好みのためにやっているのだと私は思います。
 
 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

 

 

出典は、光村の古い教科書(中3)から。

豊中や吹田では使っていなくて、前の職場(某塾某教室)が閉鎖になったとき、廃棄品のなかから大切にもらってきたものですが、

調べてみると、

光村でも、

このすばらしい「詩が生まれるとき」というテクストが使われたのはたった4年!のようです。

なんということでしょう、もったいない!!

 

あけがたには、なごやにつきます

 

この1行に思わず涙ぐみそうになり、

吉野弘さんの、

 言葉遣いをどのようにするかなどということは、だれかに要求されて考えることではありません。要するに、ものが最もいい状態にあるように言葉を生かすこと、生かしたいと努めること、それが「詩の方法」であり、文学の方法なのだと思います。

 

これもまた、深くうなずくほかありません。

(ちなみにことばについてはわたくしも数年前こんな記事を書いております)

 

 

吉野弘さんのこの解説文は、

ほぼ同じ(漢字表記が若干ちがうぐらい)ものが、

岩波ジュニア新書「詩の楽しみ」で読むことができます。

 

 

 

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て

posted by: L'essence | ことばの教育 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:53 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://lessence.jugem.jp/trackback/371
トラックバック