Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Profile
理念
テスト
amazon
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
メールはこちらから↓
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Good Times,Bad Times

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

2016年が終わろうとしています。

個人的に、いろいろあった一年でした。

 

実は、

夏ごろからでしょうか、私の人生に継続して存在している、とある懸念事項がダイレクトにのしかかってきて、

率直に言うと、

大変つらかったり、非常に悲しんだりしておりました。

ガラでもないんですが(笑)

 

 

純粋な少女のように繊細に傷ついたり、

かと思えば、もう疲れたよパトラッシュと言いたくなったり、

もう配慮もガマンもしない、とばかりに怒りをあらわにしてみては、

そんな自分を責めたり。

必要最低限のこと以外はする活力も湧かず、ずっとお布団にもぐっていたいと思う日もありました。

十代のときに大好きだったあのバンドの曲が聴きたくなったり。(←弱っている兆候)

 

 

そんなこんなな秋をすごしてしまいましたが、

復活できたのは、二つの要素があります。

 

 

一つには、

いろんな「縁」を感じることができたこと。

いろんな方に支えられ、勇気づけられました。

 

しかもそれは、直接的な励ましにとどまらず、

人が、その人としてその人らしく存在している、生きている姿を見たり感じたりするだけで、元気をもらうことがいっぱいありました。

 

また、ネット上で、同じような立場の人が心情を吐露する場があり、それを読んでいるときに、

「自分だけじゃない」と思えたとき、すごく心が軽くなりました。

 

 

たとえば、

少し恥ずかしい話ですが、わたしは子どものときから父親と折り合いが悪く、

十代のときは苦しんだりしておりました。

でも、それって「よくある昭和のモラハラ親父」な話です!

ただ、思春期というものは、それが自分にとって重大な悩みなので、

「誰もわかってくれない」とか「自分だけが不幸」とか思いがち。

 

そうやって苦しんできたことを

「昭和ならどこにでもあるモラハラ親父の話ですわ、がはは」と言えた瞬間に大人への階段を一歩のぼる、

 

そういった経験は、誰でも多かれ少なかれしているのではないかと思います。

 

 

今回、それと同じように、苦しくてたまらないなかで、一筋の光のように、

「自分だけが苦しい」のではない、と心から思えた瞬間がありました。

 

相手に対する怒りなどで、つい、「自分だけが」と思ってしまいがちですが、

そうではなくて、

それは単に「相手に通じてないだけ」「向こうがこちらの悲しみをわかってくれないから絶望しているだけ」であって、

けっして「世界で自分だけが不幸」なんてことはない。

 

誰だって、

それぞれの苦しみを抱えながら、逃げずに日々を送っているのだ、

 

なんか言葉に書くと当たり前のことなのですけれど、

ほんとうに心の底から思えたのは初めてで、

そうなると、「お布団にこもってるヒマなんてないよな」と思えてきました。

 

また、

「つらいことを笑い飛ばせている自分」のつもりでしたが、

爐呂犬瓩ら笑い飛ばせる自分”ではなく、当初はうまく消化できず、しばらくたたないと笑い飛ばせない、という自分の弱さも見えてきました。

 

それから、

「自分だけじゃない」というのは、

自分にしかかけられない励ましです。

他人が言うことじゃない。

 

そうやって立ち直った今、

もう、この類の問題に関して言えば、この秋のような落ち込み方をすることはないだろうな、と思います。

なんかちょっと強くなった気がしています(笑)

 

とはいえ、

まだまだ弱さや未熟さも露呈してしまう私ですから、

これからもまた、じたばたとかっこわるくやっていくのでしょう。

 

 

二つ目の復活の源は、

収納を根本から見直したこと。

 

 

わたしの大好きな収納アドバイザーで安東英子さんという方がいらっしゃいます。

家族が幸せになるために、家族が大切な時間をすごすために、家を片付けよう!という信念のもと、温かくも厳しいアドバイスが大好きで、

ブログや出演されるTVはいつもチェックしています。

 

で、

この方が、

「かたづけには順番があり、押し入れや納戸から始めるのだ」と、

つねづねおっしゃっています。

 

今の家に引っ越してきて、気づくと5年以上…

しかも当時は身重の状態だったので、「仮」なままの部分も。

ちょこちょこ改善はしてきていましたが、

手つかずだった部分を根本的に見直すことで、

 

ものすごく頭と心がすっきりしました!

 

抽斗の中がきちんとしていると、

とても心がやすらぎました。

 

想像以上に、効果絶大でした。

心が疲れている方に、本当にオススメです!

 

 

 

 

 

一年の最後に、

なんだか自分の弱さをさらけだして、

それはひょっとしたら塾代表/社長としてはすべきではなかったのかもしれませんが、

 

そんな自分を支えてくださったすべての方々に、

心からお礼申し上げたかったのと、

わたしはもう大丈夫ですよ!元気にバリバリやりますよ宣言をしたかったのです。

 

来年も誠実に、懸命に、謙虚に生きてまいりたいと思います。

 

そして実は来年、

新しい企画を実行に移します!

漠然と思っていた時期から10年、いよいよ形にしていきます!

ワクワクしています。

 

今年もみなさまにたくさんお世話になりました。

本当にありがとうございます。

新しい年が、みなさまにとって、

笑顔の多い、素敵な一年でありますように。

 


 

 

 

 

 

 

 

posted by: L'essence | 雑感 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
豊高生、千里高生にお話を聴こう!の会

JUGEMテーマ:高校受験

 

 

中間テストが近づき、

生徒さんは熱心に自習室に通い、講師は採点&添削に追われている、そんな今日このごろです。

こんにちは。

 

少し前の話になりますが、

中3生向けに、レサンス卒業生をお呼びして、標記の会を催しました。

 

豊中高校からは文理学科在籍の2名、千里高校からは、中3生の希望で総合科学科から1名の計3名、

来ていただきました。

(来年は来年の受験生の関心に合わせて企画したいと思います!)

 

お互いに少し緊張しながらも、みんな熱心に聴き、質問も出ました。

 

来てくださった高校生は、

少し前から打診をしていたのですが、

そのときからどういうことを話したらいいかを熱心に考えてきてくれていて、

下書きをしてきてくれたり、学校で使う白衣などわざわざ持ってきて見せてくれたり、

ほんとうに頼もしかったです。

 

「人の役に立つことを喜びとする」レサンス生のスピリッツがそこにありました。

 

メモがあるけれど、それに頼ることなく、伝えたいことを伝え、相手がききたいと思っていることに応える。

彼らのしなやかで、でも芯のしっかりした「大人」な態度に心から敬服しました。

 

講師が受験生に言いたいことも、彼らが全部言ってくれましたし。

 

彼らに敬意を払い、信頼してすべて任せてよかった、と思いました。

彼らは見事に、期待以上に力を発揮してくれました。

 

先生としては、狢感箸靴振気┿劼頼もしく成長した姿”がキラキラとまぶしく、嬉しかったです。

これからもどんどん成長され、世界に羽ばたいていかれることでしょう。

ほんとうにありがとうございました。

 

今回は、高2、高1の方に来ていただきましたが、

高3の受験生は遠慮して声掛けなかったんだよ、と私が言うと、

現高1生が、中3生に向かって、

じゃあ、来年は(現高2の人は免除だから)僕らで一緒にこの会に出ような!」との約束も交わされました。

 

素敵な一日になりました。

 

さあ、現塾生のみなさん!日々、今この時を大切に、一緒に頑張りましょうね!!

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
何のために勉強するのかという問いに対する生徒の答え その2

JUGEMテーマ:日記・一般

 

無我夢中で駆け抜けた夏も終わりました。

昨日は重陽。

今日は「育伸社模試」です。

小学生と中学3年生は午前に実施、現在はクラブを終えて駆け付けた中1、中2が試験の真っ最中です。

 

 

では、前回の続きをば(ずいぶん間があいてしまいましたが)。

 

 

勉強の究極の目的とは何か?という問いに対し、

今年のその学年では、

 

「他の人の幸せ」という言葉が、複数人から出てきました。

 

「他の人を幸福にできるように」とか「他の人の幸せに役に立つように」とか。

 

さらりとそんな言葉が出てくるなんて、素敵な生徒さんたちでしょう?(←なぜか鼻高々)

 

この生徒さんたちが、これから素敵な人生を切り開いていく力をつけるために、

精いっぱいお手伝いしたいと思います。

 

 

まだまだ書きたいことはありますが、本日はこれにて。

「短くてもマメな更新」を目指したいと思います。

 

 

 

 

posted by: L'essence | レサンスな日々 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-
何のために勉強するのかという問いに対する生徒の答え その1
JUGEMテーマ:日記・一般

お久しぶりでございます。
「夏の講座」がんばっております!
1学期に書きかけていた記事、ようやくアップさせていただきます。



中学生で扱っているテキストの問いの一つに、「勉強の究極の目的」を自由に書かせるものがあります。
長文を読んだ上で、とかではなく、箇条書きになった設問の一つですから、
ほんとうに自由に答えていいものです。

宿題としてやってきてもらいますが、何と書いてくるのか、毎年読むのを楽しみにしています。

さすがレサンス生、
「エリートになるため」とか「金儲けのため」とかエゲツナイことは書かないのです。
いつだったか、権力を手に入れてウンヌン、とか書いた人がいましたが、
クラスメイトが大笑いする中、私は言いました。


え、権力とかお金とか、別に悪くないんじゃない?
ただ、それは「究極」ではないよね。
お金を手に入れて、あるいは権力を手に入れてその先に何をするか、それが問題なわけだ。
お金があれば、権力があれば、
悪いこともできるかもしれないけど、いいことだってたくさんできる。

「お風呂の水をエビアンにして、毎晩シャンパン何本も空けるために」カネモチになるのか、
「ドカンと億単位で寄付するために」カネモチになるのか。

今、中学生が被災地の役に立ちたい、と思っても、おこづかいから、多くても千円ぐらいしか募金できないじゃん。
でもお金があれば、ドカンと学校を建てちゃったり。
権力があれば、自然破壊の工事を中止させたり、アクドイ企業をぶっ潰せるかもよ?(少々極端、半分冗談なのは皆承知の上です)
それってカッコイイやん?
そんな話をしました。
世の中には、やたら「お金を持つこと」に否定的な人がいます。
いわゆる「道徳話」が、欲張りを戒めるものが多いせいか、お金に対してマイナスイメージを持っている子供も多いです。
そしてそのイメージを助長させるような使い方をする、残念なお金持ちがいることも否定はしませんが、
でも、「いい仕事をして、その対価として得るお金」の尊さは、子供たちにも知ってほしいなと思います。
「優れた仕事をしたんだったら、堂々とその対価をもらうべき」とも思います。
また、素晴らしい仕事にはそのぶんだけ余計に支払いたい、とも思います。
(先立つものがないのでなかなか、ですが、気持ちは、ね)
生徒たちも、将来、「この人に気持ちよく支払いたい!」と思ってもらえるような仕事をする人になってほしいな、と思っています。
そもそも、
報酬は、感謝の気持ちが具体化したもの。
生徒たちが、
世の中に役に立つ仕事をして、感謝の気持ち(が具体化したものとしての)お金を受け取り、
また、
世の中のためになるお金の使い方をする。
そんな大人になってくれたら、と日々考えております。
もちろん、自分たちも。報酬を受け取る価値のある仕事をし続けること。
(今薄給で頑張ってくれている先生たちにももっと報いたい)
というわけで、長くなってしまったので、
本来のテーマであった、「勉強の究極の目的」に対する、今年の生徒さんの素晴らしい答えは、
次回です(笑)
posted by: L'essence | レサンスな日々 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ごめんなさいとありがとう
JUGEMテーマ:日記・一般

お陰様で、中学生は満席となっており、
せっかくお問い合わせいただいてもお断りすることが続いています。
(以前の記事にも書きましたが、状況により、多少定員を超えて受け入れることはあります。
が、中学生はもう物理的に席もなくなりました)

お断りばかりしているので、いただいたお電話が、爐泙誓覆里△覲愬のお問い合わせ”だとホッとします。



「春の講座」のさなか、
またまたいただいた一件の入塾お問い合わせの電話を、南先生がお断りしておりました。
それを横で聞いていて、ふと思いました。

南は丁重に謝っておりました。
しかし、何かが足りないな、と思ったのです。

それは、

お問い合わせいただいてありがとうございます。
レサンスを、お子さんの塾の候補に挙げてくださってありがとうございます。


という感謝の気持ちを、きちんと
伝える言葉

もちろん、南が思っていないわけではありません。
全く言ってない、というわけでもありません。
しかし、横で聞いていると、それが伝わる言葉が少ないように感じました。


翻って私も
お断りの意を申し上げるときに、
ちゃんと感謝の気持ちが伝わるように、しっかり口に出しているだろうか?
言ったつもりになっていないだろうか
と、
反省させられました。


人は、「ごめんなさい」は比較的よく口にするけれど、「ありがとう」はなかなか言わないように思います。
日本人の傾向かもしれません。
「ありがとう」というべきところで「すみません」「ごめんなさい」と言ってしまうこともありがちです。
ますます気をつけていかなければいけない、と思いました。


さて。
今申し上げたように、レサンスでは、
ぞくぞくとお問い合わせをいただきながら、中学生はそのほとんどをお断りしており、
心苦しく思っています。
また、
「我々の方針に心から納得、ご賛同いただいてご入塾ください=賛同できなければ入らないでください」というのは、
席ガラガラ時代からの変わらないスタンスであり、

それらが重なると、
大変エラソーで上から目線な塾であるように見えるかもしれません。
しかもほとんどがご紹介ですし…。まるで敷居の高い高級会員制バーのよう。(←行ったことないのでイメージです)

ですが、
たとえ、爐舛腓辰板未蠅垢りに話聞いてみたらなんかちがったワ”というお問い合わせでも、
我々は、本当にありがたく思っています。

「レサンス」を覚えてくださった、
ちょっと興味をもってくださった、
お子さんの塾の候補に挙げてくださった、

それだけでも、爐官”ができた、ということでも、じゅうぶん嬉しいことです。

そして、
わざわざ問い合わせという手間をかけてくださった、

なんとありがたいこと!すごいことです。
(いわんや、入塾し、少なくないお金とお子さんの生活や学力の責任を預けてくださるなんて。頑張るしかないわけです)


ご紹介で入塾される方がほとんどで、
初めから「ぜひレサンスに」と熱望されてこられる方も多く、
お断りすることも多い今だからこそ、

しっかりと気を引き締め、

まだ我々のことをよく知らない、どんなお気軽なお問い合わせにも、
感謝の気持ちをしっかり伝わるような応対をスタッフ一同心がけていきたい、と思いました。


ほんとうに、
お問い合わせありがとうございます!!



 
posted by: L'essence | 雑感 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
速報!!府立高校全員合格!!
JUGEMテーマ:高校受験

昨日大阪府立高校一般入試の合格発表がありました。
レサンスからは、5名の生徒が試験に挑みました。




豊中高校 文理学科
千里高校 国際文化科
千里高校 総合科学科
池田高校 普通科
箕面高校 普通科



以上、全員合格です!

おめでとうございます
さくらさくらさくらさくら



夕方には全員がそろって顔を見せてくれ、
若い講師も来て和やかにささやかな茶話会となりました。

みんなそれぞれ不安を抱えながら、それを乗り越えての合格です。
ここだけのハナシ、正直にいうと、
我々も、
今回は入試制度が大きく変わったこともあり(ということにしておこう?)、
歴代の塾生の中で、結果を待つのに一番ハラハラした学年でした。

いろいろありました。
厳しいこともたくさんたくさん言いました。

でも、一人ひとり自分の弱点を見つめ、それとしっかり向き合って闘いながら、
力を大いに伸ばして、結果として合格を勝ち取りました。
価値ある、誇らしい合格です。

ほんとうにおめでとうございます。
感慨深いです。

高校生活、楽しみながら実り多いものになりますように!

 
posted by: L'essence | 入試結果 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新体制始動
JUGEMテーマ:日記・一般


府立高校の直前の追い込みまっただ中ではありますが、
3月に入り、中学部も新年度が始まりました。

毎春思うことですが、
あの可愛かった今も可愛い、あどけない小4ちゃんだった生徒さんたちが中学生の時間帯に現れると、
おおーキミたちもついに大人の時間帯かぁ、と感慨深く思います。
真っさらな英語のテキストに「わーなんか嬉しい」と、ワクワクしたりして、
フレッシュな活気がみなぎって賑やかです。



そんないつもの感慨に加えて、今春のレサンスは、

ついに、”数学の南先生”復活!!です。(こんな人です


復活と言っても8年ぶりで、
最後に直接指導を受けたときに小5だった生徒さんが今春高校を卒業ですから、
現在いらっしゃる保護者の皆様にとっては、「初めまして」になるかと思います。


奥様の転勤に合わせて東京に移住されているあいだも、
レサンスのことを何かと気にかけてくださり、
カリキュラムやテキストのことなどアドバイスをいただくなど、
ずっと陰で支えてくださっていましたし、
年に何度かは必ずレサンスを訪れて、
学習会や自習室を手伝ってくれることもありましたから、
あ、あの先生!と馴染みの生徒さんも多くいます。


そして今春、満を持して、レサンスに骨をうずめる覚悟で戻ってきてくださいました。
(しかも不在の間、関東の大手塾で経験を積み、ますますパワーアップして…)

もちろん、若い学生講師の「若さ」とそれに伴う生徒さんへの「刺激」は、何物にも代えがたい財産ですから、
若い先生の採用を止める気はありませんが。

というわけで、専任3人+若い先生で、ますます強固な指導チーム体制ができあがりました。

今、レサンスでは、新年度の緊張感と相まって、ぴりっと引き締まったいい空気が流れています。
昨日もさっそく、新中2が「計算テスト直し」を徹底すべく、遅くまで残っていました。
自発的な「次回までの課題を今日中に終わらそう」組も出現。

これからも、少人数のメリットを活かし、徹底指導していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 
posted by: L'essence | レサンスな日々 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
京阪神私立高校入試結果
JUGEMテーマ:高校受験

今年度中3生の私立高校(大阪・兵庫)の合格のお知らせです。


【併願】


関西大倉    特進     1名
        総合     2名
雲雀丘学園   選抜特進 
1名
早稲田摂陵   普通科B  1名  


【専願】


清風      文理   1名
武庫川女子大附属 A方式  インテリジェンスコース 1名
履正社     集約文理砧燹.后璽僉璽ラス   1名


専願の方、お疲れ様でした。おめでとうございますさくら
宿題、頑張ってくださいね☆

併願のみなさん、
3月10日までともに頑張りましょう!
posted by: L'essence | 入試結果 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
レサンスの「定員」についての考え方  (本日2つ目の記事)
JUGEMテーマ:育児

新年度を前に、ありがたいことに続々と入塾希望のお問い合わせをいただいております。
が、
残念ながら、新中1以上は満席となっており、心苦しくも、すでに何人もお断りさせていただいております。
ですが、今後、条件つきで入塾を許可することもありえます。
そこで、
本日は、レサンスの狡螳に対する考え方”をお話しさせていただきたいと思います。
納得いただけると思います。



まず、
原則として、
一学年は6名まで
。です。

ただし、生徒さんの様子をみて、7名までは受け入れることはあります。


次に、人数が6名に近づいてくると
「今いる生徒さんにとってよい刺激になるか」という基準で受け入れるかどうかを判断します。


たとえば、
・今いる生徒さんがハイレベル集団になっている、かつ高学年である→それに見合う成績でなければお断りさせていただく。
・今いる生徒さんが、いっぱい手をかけてあげなければいけない人たち→6名に満たなくてもその人たちに全力を尽くさねばならぬのでお断りする
・男女比が少ない方の性別とか、同じ中学の生徒さんがいないといった状況で、来てくれれば今少数派の生徒さんにとってよいライバル・刺激になりそう→受け入れる

という具合です。




そういうわけで、レサンスでは入塾テストはありませんが、
中学生には学校の成績をお伺いさせていただくことが多いです

しかも、かといって、
何点以上なら合格!ということでもありません。

曖昧で申し訳ありませんが、あくまで「今いる生徒さんの状況に合わせての判断」です。


このような考え方ですので、
どの学年も必ず6名というわけではありません。極端な話、3名しかいなくてもそれ以上は受け入れないことはあります。
そして、ウェイティングリストの順番通りというわけでもない、というのも、上記の理由ですのでご理解いただければ幸いです。



全ては、「お預かりした生徒さんにとって、最適な学びの環境を提供したい!」という思いと、
「手をかけるべき生徒さんにはしっかり手をかける」という思いゆえです。


その「我々の手」がいっぱいになる、ということが定員いっぱいであるということとイコールですので、
比較的犲蠅かからない”お子さんが多ければ受け入れることのできる人数は多くなりますが、
そうでなければおのずと人数を絞ることになります。


ですから、入塾を希望されるならば、
早く「お預かりした生徒さん」側になることをお勧めします。
入塾テストもありませんから、早めの入塾であればあるほど、条件がゆるやかです。
(もちろん、やる気がなければお断りですが)

今つまずきかけているお子さんも、
小学校の間であれば、なんとか立て直すことができます。


数字的には曖昧ですが、レサンスはそのような思い、スタンスで存在している塾です。

 
posted by: L'essence | 保護者の方へ | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サクラサク第2報
JUGEMテーマ:高校受験


今年度の嬉しいお知らせ第2弾!
高校入試です。


北海道 立命館慶祥 1月入試 合格

現地での入試で見事合格されました。
ほんとうによかった!
北の大地でのびのびと、その素敵な個性をどんどん磨いていってほしいと思います。
おめでとうございます
さくら
posted by: L'essence | 入試結果 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-